生活習慣

コラーゲンを使ったバストアップ方法がある?

コラーゲンと聞けば美容成分を連想する人が多いでしょうが、コラーゲンにバストアップ効果があることを知らない人も多いでしょう。
ここではコラーゲンとバストアップの関係を詳しく探っていきます。

今や化粧品や多くの食べ物に含まれていることで有名になっているため、コラーゲンという名前を知らない人はいないでしょう。
コラーゲンはもともと私たち人間の体内にある成分で、お肌に弾力と潤いを与えているのもこの成分のおかげです。

コラーゲンは肌以外にも紙や爪などの健康を保つ働きをしますが、残念ながら20歳をピークに体内のコラーゲンの量はどんどん減少していきます。
20歳までは何もしなくてもお肌などの見た目の若さは保たれますが、その後はどんどん老化をしていくのは、コラーゲンなどの美容成分が体内からどんどん減少していくからです。

コラーゲンは体内でされますが、減少したコラーゲンは外部から食べ物などで摂取するしかありません。
しかしコラーゲンを含む食材は、すっぽんやあわびや豚足やあなごやフカヒレなど、高額で高カロリーな食材が多いため、それを毎日食事で摂ることは経済的にも厳しいだけではなく、十分な量を毎日摂っていると確かに贅肉で胸は大きくなるかもしれませんが、肥満や病気のリスクが高くなります。
そのため多くの女性たちがサプリメントやコラーゲンドリンクなどを利用して必要なコラーゲンを補給しています。

バストアップクリームにもコラーゲン配合のものが販売されています。
成長期が過ぎて胸を大きくするためには、女性ホルモンの分泌を促進して乳腺を発達させなければいけませんが、そのためにはたんぱく質の摂取が効果的だと言われています。
コラーゲンはたんぱく質の仲間で、体内にあるたんぱく質の30%をコラーゲンが占めています。
コラーゲンは美肌作りには欠かせない成分でもあり、もちろん胸の皮膚にハリや弾力を持たせるためには必要不可欠です。

このように、バストアップクリームやコラーゲン配合のサプリメントやコラーゲンドリンクを飲むことで、女性ホルモンの分泌を促進させることにもなり、バストアップ効果も得られることになります。