おすすめ人気マットレス比較ランキングはこちら!

サイトトップ説明

kaimi(カイミー)は、あなたにぴったりのおすすめ寝具を見つけるための寝具専門情報メディアです。質の高い快眠生活を送りたい方は、ぜひ当サイトの情報をご参考にしてみてください。

サイトトップのこのページでは、おすすめ寝具を紹介している記事をそれぞれ紹介していきますので、気になるものがあれば是非ご覧になってみてください。

はじめまして、kaimi(カイミー)管理事務局長のメイ子です。

あなたの睡眠をサポートするために、全力を尽くします!

今探している商品が決まっている方は、目次から該当箇所までスクロールさせてくださいね♪

メイ子

不眠くん

最近、寝不足気味の不眠くんです。

眠い眠い眠い眠い

まずは睡眠の重要性を知ろう!

ちょっと真面目な話をするよ!

メイ子

有名な話ですが、睡眠は人生の3分の1を占めると言われています。

80年生きると考えると睡眠にかける時間はなんと25年以上!なんだか少し勿体無い気持ちになりますが、残りの3分の2の生活をより充実させるには良い睡眠は欠かせないのです。

そもそも睡眠が、一体どんな役割を持っているかご存知でしょうか。睡眠は主に、以下の役割があるとされています。

睡眠の主な役割
  1. からだの疲労回復
  2. 脳と神経の疲労回復
  3. 細胞の新陳代謝
  4. 老廃物の除去
  5. ホルモンの分泌
  6. 免疫力の増強
  7. ストレスの緩和
  8. 記憶の再整理

こうして見ると、どれも生活には欠かせない重要なものばかりですね。

疲れを取り除き、バランスを整え、耐性を強くしてくれる「睡眠」は人々が生きる上でとても重要な事だと分かります。

睡眠不足による問題

また、睡眠不足によって生まれる様々な問題も軽視できません。

睡眠不足が招くリスクについて、テクノロジーにより人々の健康の向上をサポートしている「フィリップス・ジャパン」が簡潔に分かりやすい文章でまとめています。

総務省によれば、日本では5人に1人が睡眠に不安を抱えており、長期にわたる睡眠不足は健康に重大な影響を及ぼす可能性があるとのことです。

【睡眠不足による影響例】

  1. 増大するストレス
  2. 免疫システムの弱化
  3. 体重増加
  4. 認知機能の障害
  5. 気分の変動
  6. 血圧の上昇
  7. 事故増加のリスク
  8. 慢性疾患のリスクの増大

睡眠を本気で考えて、あなたの体を大切にしてください。

引用:睡眠不足が招くリスク | Healthy Japan | Philips

睡眠不足による影響として挙げられている8つは、どれも生活に多大な影響を及ぼしかねない危険なものばかりです。

人生の多くの時間を健康的に過ごすためにも、適切な睡眠を心がけてみましょう。

寝具の役割とは?

睡眠の大切さについて触れましたが、寝具は睡眠にどのような影響を与えるのでしょうか。

それぞれの寝具の “役割” について、簡単にご紹介します。

マットレス
重要度:★★★★★
睡眠時の重心の偏りを防ぎ、身体への負担を軽減

重要度:★★★★
首と寝具の隙間を埋め、S字カーブの姿勢をサポート
ベッド
重要度:★★★
片付けなくて良い手軽さに加え、床埃の吸い込みを防止
敷布団
重要度:★★
睡眠時の姿勢サポートし、睡眠時の汗の湿気を吸収
掛け布団
重要度:★★★
睡眠による体温低下を抑え、深い眠りに入りやすくする

kaimiでは、快適な睡眠を取りたい方にはまずマットレスをおすすめしています。その理由はシンプルで、最も睡眠に変化を及ぼすのがマットレスだからです。

睡眠で大切なのは、眠っている間にどれだけ身体への負荷を減らし、深い眠りにつけるかです。そのため、最も身体に接しているマットレスが自分の身体に合っているかはとても重要になります。

なお、敷布団やベッド(ベッドマットレス)もマットレスと同等に身体に接していますが、それぞれメリットが異なります。

敷布団とマットレスの違い 〜比較表〜

敷寝具の比較

敷布団とマットレス、そしてベッドマットレスの違いの一つは「厚み」です。

以下、各厚みと簡単な特徴は以下の通りです。各特徴の詳細については後述します。

厚みメリットデメリット
敷布団薄い(厚さの指定が無い)・畳んで収納できる
・洗える(クリーニング可)
・安価なものが多い
・ダニやカビが発生しやすい
・底つき感を感じやすい
マットレス厚い(10cm以上)・コスパが良い
・厚みがあり体圧が分散する
・床上とベッド上の両方で使える
・定期的な換気が必要
ベッドマットレス厚い(15cm以上)・耐久性が高い
・厚みがあり体圧が分散する
・床埃を吸いにくい
・高価なものが多い
・処分が大変

敷布団の場合、畳んだり洗ったりと機能性を求める場合におすすめです。一方で、厚みの問題でどうしても底付き感があり、身体の凸部分に体圧が偏ってしまう可能性があります。

その点、マットレスやベッドマットレスは厚みが十分にあるため、しっかりと体圧を分散させた快適な睡眠が取りやすくなります。(もちろん寝心地には個人差があります。)

おすすめの寝具の選び方

 

コスパが良い寝具は?料金・質を比較!

kaimiイチオシの寝具一覧

 

マットレスに関する記事

 

ベッドに関する記事

 

枕に関する記事

 

 

新着記事

新着一覧へ