【20代転職】難易度や3回以上歴がある人の対策を解説!

20代の会社員の方で、いちどは転職を考えたという方も少なくはないと思います。しかし、いざ踏み出そうとすると「転職は難易度が高いのでは?」と考えてしまい億劫になる方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、実際の転職市場では20代が最も多く活発で、異業種にも転職しやすい世代なので、例えば新卒で就職した会社・業界に不満があってもキャリアチェンジできるチャンスがあります!

私自身も最初の転職は20代でしたが、何かしらの経験が求められがちな30代以降と比べると採用側も積極的だったように思います。

そこで、この記事では転職を考えている20代のあなたに向けて、転職がしやすい世代であることや、転職活動をするうえで役にたつサービスについてお話していきます!

 

20代で転職を考える割合

 

 

20代で転職を考える割合というのは、リクナビによると30代~50代の世代と比べると、全体の2割から3割程度で意外と少ないようです。数値で考えると少ないように見えますが、例えば20代の方が100人いたとしたら20人から30人は転職を意識する事になるので、決して少なくない数値です。

しかし、20代以外の世代の方が転職回数が増えてしまうのは、やむなき事情のためであることも多いので、活発であるかと言うとそういうわけでもありませんし、求められるハードルは高いです。

また、転職市場で企業側が求めている人材の多くは20代ですし、今の時代終身雇用制度は昔ほど重要視していないようにも見受けられますので、20代で転職を考えるのはある意味自然な事ではないでしょうか?

 

20代の転職について、難易度が低い理由

 

 

20代の転職について、難易度が低くて採用されやすい主な理由は以下3つになります。

  1. 社会人経験があるため、基本的なビジネスマナーが身についている
  2. 未経験業界でも受け入れてもらえる
  3. 考え方が凝り固まっていない

 

基本的に、中途採用に関しては即戦力を考えている為、新卒で入社したときのように、研修を行ってくれる会社はほぼありません。

しかし、いちど社会人としての就業経験がある人材であれば、仮に業界が違っていたとしても20代の若い世代であれば、採用側としてもまだ考え方が凝り固まっていないと判断して積極的に受け入れてくれるケースが多いです!

 

 

20代の転職は、前半と後半で難易度が違う?

 

 

私自身も20代後半で転職しましたが、転職エージェントを通じて異業種であるにも関わらず転職できましたので、会社側も採用に積極的だったことを身をもって体感しました。

個々の事情によって異なるかもしれませんが、個人的には20代後半でもハードルの高さは感じられなかったように思います。

ですから、特に業界を変えて転職したい方が転職するなら20代がチャンスとも言えます!

30代前半までならば異業種転職もできないことはありませんが、前職の給与は保証されませんし、ゼロになることが殆どだと思われるので、そういった意味でも20代の間に転職しておいたほうが長い目でみると良いかもしれません。

また、職歴が多くても2社目までであれば、前向きに検討してくれる会社は多いのでご安心ください!

 

20代で転職歴が3回以上ある場合の対策

 

 

逆に、20代でも転職しづらいケースもあります。それは、転職回数が3回以上と年齢に対して多い場合です。もちろん、理由にもよりますが採用側が納得できる内容じゃない限りは書類通過も難しくなります。

このあたりの受け止め方は、業界や企業の考えによりますので、一概には言い切れませんが、特に老舗企業を志望している場合は、ひとつの場所で長く働く考え方を重要視しているので、書類通過できる可能性は低くなります。

逆に、スタートアップ系やベンチャー系の企業であれば、転職回数を気にしないところも多く、良く言えば未来志向型の考えを持つ傾向にあるので、そういったところであれば書類は通過しやすくなると思います。(インターネットに詳しく、スキルが高いなどの強みがあると良し)

また、そういった場合はベンチャー企業に強い人材紹介会社もありますので、そういった会社に登録して転職エージェントに相談しながら進めて行くと、適切なアドバイスを貰えたり書類通過率も上がったりするのではないでしょうか?

 

転職活動を考えているあなたにおススメしたいサービス

 

 

20代の転職活動について、自分の経験やスキルが通用するのかどうか不安な方は、以下のようなサービスをご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

就業支援をしているスクールを活用する

 

 

主にIT系企業への就業支援となりますので、そういった業界に興味のある方限定にはなりますが、業界としても成熟しておらず新興企業も多く、働き方としても効率性を重視している傾向にあるので、特に今のご時世を考えると転職先の候補としてお考えになっても良いのではないでしょうか?

お住まいの地域ごとに、ハロワークなどで職業訓練校や今だとパソコン系のスクールの紹介をしてくれるところもありますが、主には離職者向けのサービスですし、定員が決まっているので必ずしも参加できるとは限りません。また、学べる内容も基本的なものが多く、即戦力にはなりづらいものが目立ちます。

一方、有料にはなってしまいますが、在職中の方でもオンラインで効率よく学ぶことができるサービスがあり、(本人の努力次第ですが)即戦力レベルとして活躍できる可能性があります!

ですから、「手に職をつけて転職したい」とお考えであれば、まずはオンラインスクールの公式サイトをご覧になって検討されてみてはいかがでしょうか?

 

人材紹介会社を利用する

 

 

人材紹介会社は、あなたの転職を無料でサポートしてくれるサービスです。また、成果報酬型のビジネスということもあって、企業側も例えばリクナビやマイナビのような転職サイトに掲載するよりもコストを抑える事ができるというメリットがありますので、表には出ないような優良企業との出会いがあるかもしれません!

また、職務経歴書や履歴書の添削や、面接対策も行ってくれます。例えばハローワークなどの機関でもそのような対策は行ってくれますが、担当制ではありませんので都度やりとりできる保証はありません。

また、人材紹介会社はビジネスなので厳しい一面がないとは言えませんが、企業との交渉ごとには公共のサービスや個人で応募するよりも長けているぶん書類通過率は高い場合もありますので、面接に通過できる確率は上がる可能性が高いです。

ですから、転職回数が多くて悩んでいる場合でも、登録自体は無料なのでいちど相談されてみてはいかがでしょうか?

そして、人材紹介会社を利用している会社のほうが国の機関で扱っている求人よりも、採用にコストをかけているという点から考えても、業績が安定していたり条件が良かったりもします!

人材紹介会社については、下記リンク先にて解説していますので、よろしければご覧ください。

→→20代のあなたにおススメしたい人材紹介会社10選

 

さいごに

 

私個人の経験から振り返ってみると、就職するにも転職するにも大手企業に行ったほうが福利厚生がしっかりしていることが多いのでおススメではあります。

しかし、その一方で会社のネームバリューを意識してしまうと、その職場でのやりがいなどを見落としてしまい、結局短期で退職してしまう恐れもあります。(私がそうでした)

必ずしも大手企業=ホワイトで働きやすい職場とは限りませんので、特に20代の転職時には先を見据えて転職先候補として考える業界の成長度合いや、働き甲斐などの未来が描けそうだとか、そんなところを重視して転職先を考えると良い結果に繋がるのではないでしょうか?

20代はまだまだやり直しが利く年代ですので、今一度ご自身のことを振り返ってみる良い機会だととらえてトライしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!