職場で馬鹿にしてくる人の特徴と対処法④選!

職場で馬鹿にしてくる人の特徴と対処法④選!

自分は周りとうまくやりたいと思っていても、残念ながら必ずと言っていいほど?!特定の人物を馬鹿にしたりして、自己肯定感を満たそうとしてくる人がいます。

そういう他人を馬鹿にしてくる人にはどんな特徴があるのか?そしてそうなったときはどのように対処したらよいのかをまとめました。

この記事をお読み頂くことで、馬鹿にしてくることでマウントを取ろうとする人に対して、少しでもストレスを軽減できるようになりましたら幸いです。

 

 

職場で馬鹿にしてくる人の特徴⑤選

 

 

➀自分のほうが優れているという、優越感に浸りたいから

いかに自分が優れているのかを周りに示したいのか、自分より劣っていると判断した人をとにかく否定します。そして、見下す事で優越感に浸る節があります。

また、「自分の考えや意見が正しい」と言うスタンスで、相手を服従させる節がありますが、表向きは他人を従わせているつもりでも、その偉そうな態度から陰では嫌われていることが殆どです・・・

 

②自分の存在意義を保つため

 

自分が絶対で、常に中心的な存在でいないと気が済まないのか、立場の弱い他人を見下す事で心の安定を図る節があります。

そもそもが自分勝手な話であり、自分の自尊心を保つために他人を侮辱するなんてまさに外道!迷惑極まりない根拠なのです(苦笑)

 

 

③周りの注目を集める為

 

馬鹿にしてくる人の特性として、自分が常に注目を浴びていないと気が済まない、ナルシスト気質なところがあります。

そのため、他人をけなしたり見下す事で注目を浴びたい思いを解消しているのですが、その行為が人の怒りを買っていて嫌われていることなど気づきもしないのですが、ある意味幸せな性格なのかなと皮肉りたくなります・・・

 

④アドバイスをするというテイでマウンティングを取る

 

マウンティングの節もありますが、本人としては良かれと思って助言しているつもりでも、その時の態度が上から目線のため、要は発言にトゲが感じられるので受けてからすると馬鹿にされていると感じる事があります。

また、相手の気持ちを考えずに正論を押し付けたり、言葉を選ばないところがあるので、そういったところからも「バカにされた」「見下された」と受け止められることがあります。

 

⑤ストレス発散がしたい

 

相手がどう感じようが、迷惑しているのかなどは全く気にも留めることなく、他人を馬鹿にすることをストレス発散の手段にすることがあります。

こういうタイプに限って「協調性ガー」などもっともらしいことを言いますが、それがブーメラン発言として自分に返っていることに気づく由はありません・・・

また、いちおうは「悪気はない」と言う事がありますが、それは口から出まかせなので鵜呑みにしてはいけません!

 

職場で馬鹿にされる人③つの特徴

 

 

➀自己肯定感が低く、自信が無さそうにしている

 

いつも周りの目を気にしていて、同調していないと駄目だという思い込みに負けている為なのか、自分の行動や意思に自信が持てずにいます。

また、物事を後ろ向きに考えがちなところがあり、ネガティブ思考なため当然ながら自己評価も低いという特徴があります・・・

物事を後ろ向きに考えると言うネガティブな一面があるから、どうしても自分に自信が持てなくなるので、そのため、馬鹿にするようなタイプからは格好の獲物にされやすく、反論する事にもリスクを感じていることから何もできないでいることが多いです。

 

 

②立ち回りが下手

 

上記で取り上げたように、物事を後ろ向きに考える傾向にあるので、どうしてもリスクを避ける節があります。そのため、衝突を恐れるがために馬鹿にされても反論しなかったりと、なめられてしまう要素を自ら作り出してしまうところがあります。

加えて、周りとのコミュニケーションに関してもいまひとつ自信が持てないので、どうしてもうまく立ち回ることができず、孤独になりがちなところがあります。

 

③身だしなみがイマイチ

「身だしなみが整っていない=だらしない」と判断されがちですし、3秒ルールと言うものがあり、人は見た目で判断されてしまう「メラビアンの法則」に従って、残念ながら身だしなみが整ってないと本当にたった数秒間でなめられるかどうかを判断されてしまいます。

しかし、身だしなみを整える事は自己肯定感を上げる事や、立ち回りをうまくすることよりも簡単な事なので、変えやすい「身だしなみ」から整えていき、少しでも「自分を認める」ことをしていきましょう!

 

 

④失敗やミスが目立つ

 

人間なので、まったく失敗やミスをしないなんてことはないと思いますが、不器用過ぎて要領が悪いタイプだと、上手い帰しができないこともあったりして、自分のミスではないことまで自分のせいにされてしまうこともあるので気を付けましょう!

 

職場で馬鹿にされたときの対処法④選!

 

 

➀意思表示をハッキリする

 

そもそも馬鹿にしてくる相手というのは、何を言っても「言い返さないだろう」と思い込んでターゲットを選んでいる節があります。

言い返したことによって、嫌がらせが加速しないわけでもありませんが、やられっぱなしで居る時よりはマシだと思います。もし、言い返したことで「冗談のつもり」「ムキになるな」「うまくかわせよ」と言われたら、「然るべきところに相談します」と言えば何も言ってこなくなります・・・

経験上、馬鹿にしてくるタイプには何かしらの意思表示はすべきです!黙っていても何も解決しませんし、性善説が通じる事はありませんので、多少こじれるのは覚悟で意思表示をしましょう!

意外とバカにしてくるタイプは、言い返されるとひるむことが多いので黙らせましょう!

 

②スルースキルを身に着け、距離を置くなどして関わらないようにする

 

馬鹿にされたことを聞き流せるようなタイプの方であれば、言わせるだけ言わせておいて、タイミングを見てその場から去るなどして、雑音から遠ざかるのもひとつです。

ちなみに、私はスルースキルが乏しいのであまり聞き流す事ができないタイプです。だから、ムキになってしまい喧嘩してしまうことがありました・・・

 

 

③上司や人事に相談する

 

良識ある上司や人事であれば、配置換えなども検討してくれる可能性がありますが、もし相談したあなたよりも馬鹿にしてくる人を評価している節がみられたら、何も変わらないどころか、あなたのせいにされる事もあるので、そのときは転職することも視野にいれたほうが良いです!

 

 

④転職活動を視野にいれる

 

あなたが色々と実践した結果、状況が何も変わらないのであれば、転職活動を視野に入れて環境を変える事をおススメします。

その際には、人材紹介会社をご利用になると、在職中でもあなたの代わりに面接の調整をしてもらえたり、表には出ないような「非公開求人」という質の高い求人を紹介してもらえることも。

後日、別途人材紹介会社に関する記事を投稿しますので、そちらにて詳しく解説していきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!