【クラッシャー上司】弱点と仕返し&潰し方4選!威圧感に負けない戦い方を暴露!

【クラッシャー上司】特徴と仕返しした方法4選!威圧感に負けない戦い方を暴露!

特に営業職に多いのかもしれませんが、昔風の言い方をすると「体育会系」「モーレツ型社員」がそれに当てはまるのでしょうか?

クラッシャー上司は、自分が出来ると思った事は何も考えず部下に強要したり、心が折れるほどにきつく当たってきたりと、なぜか上の立場の人には評価されるものの、部下の立場からすると「害悪」でしかありません(苦笑)

人によっては、思考停止状態で定型文のごとく「耐えろ」「我慢しろ」と言ってきますが、関わっているとカチンとくることが多いので、そのままやり過ごすのは難しいです。

この記事ではクラッシャー上司の特徴と、実際に仕返しをしたエピソードを解説していきます。この記事を読むことで、あなたがクラッシャー上司に悩む日々から抜け出すきっかけを見出すことができるようになりましたら幸いです。

 

 

クラッシャー上司の特徴4選

 

➀部下への接し方と上の立場の人との接し方が違う

 

その場にいるだけで威圧感を感じるほどの見た目と態度に圧倒されます。また、他人を思いやるという感受性に欠けているのか、部下に対して攻撃的な態度を取ります。

その一方で、自分よりも立場が上の人に対しては腰が低くイエスマンでいることが多いです。そのあまりに違う態度を見て不信感を抱く部下はかなり多いのではないでしょうか?

 

 

②部下の自信を喪失させる

 

クラッシャー上司は、ドライな性格であることが多く共感力が低いので、関わるだけで自信喪失することがあります。

また、過度な緊張状態を強いるので、部下の立場からするとやりにくくて仕方ありません。

「で?だからなに?」が口癖なのか、上から目線で接してくる態度にイライラしてきます(苦笑)

 

 

③自分が絶対

 

自分が特別な存在だと思っているのか、相当自信があるからなのか、例えば違う意見を述べても理解を示しません。

そのため、何を意見しても否定されがちなので、意気消沈してしまう事が多いです。それどころか、意見した事で冷や飯を食わされる事も!

私は、意見したことで仕事を取りあげられたり、会議室に3時間監禁されたことがありました(苦笑)

 

 

④なぜか会社は評価している

 

私からしたら「害悪」極まりない存在のクラッシャー上司ですが、会社はこの手のタイプを評価しがちというか、むしろ「リーダーシップがあっていい!」とさえ判断していることが多いのが現実です。

その背景には、上にはいい顔しているというのもありますが、「部下は従って当たり前」「部下が意見を言うなんて論外」と考えているような、体質の古い会社だとその傾向が顕著に表れているなと感じます。

 

クラッシャー上司に委縮させられた末路は悲惨!

 

実体験から言えますが、クラッシャー上司と関わると、上記のような方法で委縮させられます。私も日課のように毎日ネチネチ口撃された結果、白髪が増えましたし、自己肯定感が下がりました(苦笑)

また、毎日嫌味を言われていると、精神的にも参ってくるのでうつ病になる可能性もあります。うつになると、自分の存在価値を否定してしまい、毎日が苦しくなってしまうほど辛いので、害悪なクラッシャー上司の為に自分が苦しむなんて馬鹿げた話です。

下記にて、実際にクラッシャー上司に対して仕返しした方法をまとめています。うちふたつは無難なところですが、リスクを覚悟できるのであれば直接物申してみるのもひとつでしょう。

 

クラッシャー上司の弱点&潰し方4選!

 

部下には厳しくきつくあたるクラッシャー上司ですが、実は意外な?!弱点があります。それは、「じぶんよりも上の立場の人」です!

基本、クラッシャー上司というのは自分よりも上の立場の人に対してはイエスマンでいることが多いので、そういう人を味方につける事で対処できる場合もあります。

下記の、「➀抗議文を送る」にて実体験を解説しているのですが、上の立場の人を味方につけてクラッシャー上司に抗議文を送り、何も反論できない状況にもっていき、フルボッコしたことがあります(笑)

 

【実体験含む】クラッシャー上司に仕返しした方法4選

 

➀抗議文を送る

 

ある上司は、仕事をしているふりをしたいのか、いつも私の営業先についてきては邪魔ばかりしてきました。また、同行中も偉そうに威圧的な態度を取るだけで、コミュニケーションを取ろうともしません。

そして、訪問先でもフォローしてくれるならまだしも、いちいち採点されるのでイライラが募ってきたことがありました。

そのためクラッシャー上司に対して思いの丈を文章にまとめて抗議文をメールにて送りました。私は、キレると感情が高ぶり過ぎて支離滅裂になってしまうからです(苦笑)

また、CCに複数の管理職の名前を付けたり、文末に「これで文句があるなら然るべきところに相談するので、そのつもりでお願いします」と脅し文句を添えたので、言い返されたり攻撃を受ける事はありませんでした。

結果、私も会社での立場は悪くなりましたが、クラッシャー上司がのうのうとしていられるような会社にいてもハッピーではありませんし、やり返さなかったらやられっぱなしで悔しい思いをしていたでしょうから、結果的に良かったのかなと。

 

②キレて机を叩く

 

たとえば電話でお客さんと話をしている最中に、上から声をかぶせてくる上司がいました。いつもそのせいで、混乱してしまい商談にならないことが多かったので、思い切って机を叩いて黙らせたことがあります。

個人的に、クラッシャー上司のようなタイプには性善説など通用しないので、力でねじ伏せたり圧力をかけるくらいの事をしないと解決しないと思っています。

意外とクラッシャー上司のようなタイプは、見た目や雰囲気が威圧的なだけで、撃たれ弱いところがあります。こちらが攻撃的な態度を取ることでひるむ場合もあるので、我慢できなくなったら最終手段としてやってみるのもありかもしれません・・・

 

 

③啖呵を切る

 

リーマンショック時に会社の業績が悪く、立て直しを図ると言った状況の中、「あれもダメ」「これもダメ」と言いいながらも「結果出せ」の一点張りしか言わない上司にしびれを切らして「もういい!」と啖呵を切って突っぱねたことがあります。

ただ上の立場からモノを言うのではなく、何をどのようにしていくのか具体的な意見もなく、ただやれと言われるだけでは不満も爆発してしまうからです(苦笑)

啖呵を切った後は嫌がらせを受けて散々でしたが、何も言わなかったら変わらないし、耐えるだけの会社員生活など意味がないと思いませんか?

思考停止で黙っているだけで、それでも経済が成り立つ時代なんてとうの昔に終わっています。そんなことも分からない会社には未来がありません。

 

④会社を辞める

 

これは「死なばもろとも」という覚悟も必要ですが、クラッシャー上司は社内での評価を気にする節があります。ですから、あまりに対応が酷くて状況が変わらないのであれば退職を決意して転職に目を向けるのもひとつです。

実際、退職の意思をクラッシャー上司に伝えたことで、自分の評価に関わるからでしょうけど、動揺している様子が伺えましたし、大勢の前で大の大人が泣きじゃくるなんてこともありました。

もしかしたら「自分は必死でやっていた」というパフォーマンスの可能性もありますが、多少なりともダメージはあるはずで、極端に部下を退職させているようだと「マネジメント能力に問題がある」とみなされることも考えられます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!