パワハラ上司に因果応報はある?期待できない理由を暴露!

パワハラ上司に因果応報はある?期待できない理由を暴露!

職場いじめをした加害者が後々に因果応報を受けるということは期待できるのか?過度に期待しない方が良い理由をまとめていきます。

会社という環境内で、自分が考えた弱い立場の人に対して職場いじめをする人は必ず存在します。自分の自尊心を満たすため、ストレス解消のため、理由があったとしても許される行為ではありません。

職場いじめをする加害者に対して、罰が当たれば良い、因果応報を受ければ良いと考えることはありませんか?被害者がそのような考えを持ったとして、誰も責めることはできません。なぜなら、いじめをする加害者が100%悪いため被害者が因果応報を期待するのは必然だからです。

加害者が、因果応報を受ける未来は期待できるのか?実際に起こった事例はあるのか?被害を受けている人にとても興味深い内容になっています。

 

職場いじめをする加害者には因果応報がくる末路は期待できない?

 

 

因果応報にも懲りないふてぶてしい奴はいる

 

因果応報とは、よい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。職場いじめをする行為は、悪い行いです。なぜなら、上司や同僚が嫌がらせやいじめを行うことで、被害者が精神的、肉体的負担を受けてしまい職場に馴染めなくさせる行為だからです。

 

先述で述べた因果応報は、職場いじめを行った加害者が受ける悪い報いとして、いじめをした件を周囲に責められる、いじめ加害者が別の人からいじめを受けるなどが、事例として当てはまりますが報いを受けたとしても、懲りないふてぶてしい加害者がいます。

 

職場内でいじめを行う加害者は、被害者に対して精神的優位に立ち続けようとしたり、自分がいじめをしている実感が無いため、自分に悪い報いが返ってきても懲りずに反省をすることがありません。

 

実際に因果応報があったケース

 

いじめ加害者へ実際に因果応報が起こったケースを、ご紹介します。職場内で、部下に対して日常的にいじめをしていた上司に因果応報が起こりました。

 

上司は、部署内で最高役職についていましたが部署内では意見する部下には怒号を、仕事でミスをすれば配置転換で他部署に異動させるという典型的なパワハラ上司でした。

 

部署内で反抗すれば何をされるかわからない恐怖心から、被害者は泣き寝入りするしか選択肢が無く、精神的に追い詰められた社員が欠勤をしたり、上司に逆らわずに従順な部下になるという極端な職場環境が日常的でしたが、報いが起こりました。

 

部署内で敵を作りすぎたのか、日常的に社内相談窓口へパワハラ被害の申告をされ呼び出しを受けることが増えていき、最終的には他店へ異動させられました。

後日談ですが、元上司は異動先の上司からパワハラを受けて精神的に参ってしまい、退職したとのことです。

 

因果応報が起こる末路という考え方は、スピリチュアルなものと解釈したほうが健全!

 

 

職場いじめをする相手に、因果応報が起こる末路という考え方はドラマでは勧善懲悪が成り立ちますが、現実世界では寧ろ悪い人間がのうのうと生きていることが多く、待っているだけでは解決させるのも困難を極めるので、時間や労力と照らし合わせると環境を変えることに力を注ぐことが無難です。

 

被害者は、職場で環境を変えてくれる正義の味方が現れるという希望を日々持ち続けて、それが叶わなくなり精神的に参ってしまうことで職場を退職してしまいます。

 

上記で述べたように、因果応報が起こる末路はスピリチュアルなものと解釈したほうが精神的にも健全です。

 

因果応報は、狙ったときに起こる現象ではないので日々の職場内での勤務態度や、周囲に好印象を持ってもらう行動を取ることが大切です。

 

職場いじめに悩むなら、行動を起こしましょう!

 

 

職場いじめに悩むのであれば、異動願いを人事部に提出したり転職活動をするなどして、環境を変えるようなアクションを起こしましょう。

 

自分から行動を起こすことで、現在起こっている職場いじめを解決する手段を手に入れることが可能になります。誰かが助けてくれるまで待っていよう、と受動的な考えを持っていると加害者からのいじめの被害が増えるだけです。

 

相手に対して直接的な反撃を行うことで、仕返しが怖いという考えも理解できます。加害者は精神的優位に立とうといじめを繰り返しているのですから、反撃をすることでプライドを傷つけられ報復行動に出てるでしょう。

しかし、反撃を恐れるあまり何も行動しないでいれば、いつまでも被害者の立場から抜け出すことができません。

 

実例として、異動願いを出して悪い職場環境から脱出しましょう。

異動するなんて職場の社員に悪い、と考える方もいらっしゃるでしょうが被害者が行動に出るまで助けてくれない職場なので遠慮なく切り捨てて良いです。いじめ加害者が一番悪いですが、助けてくれない傍観者も同罪と考えます。

 

職場いじめを少しでも助けてくれていれば、精神的負担も減り環境から別の部署に異動しようと考えることも無かったのですから、申し訳ないと思う必要は皆無です。

 

異動願いは、人事部に異動願いを出すことで受理されますが、自分が日頃の行動で周囲の社員や人事部に好印象を残しておく必要があります。素行が悪い、勤務態度が悪いなどマイナス評価があれば人事部は、他部署へ異動させるメリットを失ってしまいます。

職場いじめを受けているから、という理由では異動願いが受理される確率は低いので異動することで、他部署に与えるメリットを提示することが重要です。

 

次に、異動願いが受理されず現在の職場環境から抜け出せない場合の行動として、転職活動をしましょう。転職をして職場環境を新しいものにすることで、職場いじめをする加害者から永遠に離れることができ、なおかつ相手から報復をされる恐怖に怯えなくて済みます。

 

異動願いを出すという行動に出たことも、勇気を出した行動ですが受理されなければ空振りに終わってしまい、永遠に続く職場いじめに悩まされる日々を送ることになります。転職活動は、空振りに終わることがなく自分の将来に繋がるキャリアアップにもなるので、デメリットよりメリットのほうが高い行動になります。

 

職場いじめに悩んで耐える必要はないですし、被害者になる必要もありません。誰かが助けてくれるから待っていよう、ではなく行動を起こすことで明るい一歩を進むことができます。

下記リンク先では、環境を変えるべく転職活動を行う為のポイントをまとめています。よろしければ参考にしてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!