【攻撃的な人】打たれ弱い&かわいそうな事実

【攻撃的な人】打たれ弱い&かわいそうな事実

この記事を読んでわかること
  • 攻撃的な人の主な特徴
  • 攻撃的な人が打たれ弱くてかわいそうな点
  • 攻撃的な人の対処法

 

職場いじめが起こる原因は、100%と言ってよいほど攻撃的な人と関わるからです。

そういった人物と関わらなければ、職場いじめに苦しむこともなくなり被害に悩む日常をおくることもないのですから当然かなと。

そしてとても厄介な存在でもありますが、実は打たれ弱いところやかわいそうだと思える一面もあったりします。

自分自身が悩んで苦しむ現状を打破するためにも、相手の弱点をつく事は有効な一手になり攻撃的な人に反撃する未来に繋がります。

この記事では、攻撃的な人について解説をしていきます。記事を読んで頂くことで、攻撃的な人との関わり方を改善させるきっかけになりましたら幸いです。

 

攻撃的な人のおもな特徴

 

 

職場で仕事をしていると、多種多様な人が働いています。そのなかでも、攻撃的な人ほど職場いじめの加害者になる場合が多く「上司」「同僚」「部下」など立場にに関係なく存在します。

攻撃的な人は「自分ではない誰か」に対して攻撃をするので、攻撃されないためにも相手の特徴を把握することが大切になります。

攻撃的な人の特徴として以下の点が挙げられます。

  • 暴言を吐く
  • 相手を見下す
  • 自分に対して反抗しない弱い人物を標的にする

などといった傾向があります。

特徴として述べたことに共通するのは、他者を攻撃することで自己優位性を高めたり、承認欲求を満たすというところでしょうか。

職場という狭い環境では、どうしても周囲の人と自分を比べてしまいがちですが、通常ならば仕事に励んだり人間関係を良好にすることによって、会社での自身の存在を確立します。

しかし、攻撃的な人は羨望や妬みといった感情を他者への攻撃という形で表現することでしか、自分を肯定できないのです。

攻撃的な人というのは、暴言を吐いたり見下すことで相手の精神を傷つけるため、自分が相手よりも強い存在であると認めさせようとしていると言えます。

そういった特徴を持つ人物は、職場で攻撃的な行動を取っていると自覚していない場合も多いので、周囲から指摘されても簡単には治りません。

だからこそ、下記で取り上げたような理由で周囲から孤立したり、「攻撃」というかたちでしか自分の存在価値を証明できないかわいそうなところもあるわけです。

 

攻撃的な人が打たれ弱くてかわいそうな④つのポイント

 

会社に不信感→辞めたいと思った時に取る行動!

 

周りから嫌われがち

 

他人を攻撃するような人物が、職場内で好かれる要素というのは皆無に等しく逆に嫌悪感を抱かれる対象になります。

なぜなら、周囲から見ていても他人を傷つけ不快にさせるような行動をする人物と一緒に仕事をしていても楽しい感情よりも、自分が被害に遭わないように関わりたくないと考えるからです。

しかし、会社ではそのような人物と関わることも有るでしょうが、嫌っていることを感情の表面に出してはいけません。

相手に嫌われていることを悟られると、自分の敵と認識されてしまい攻撃のターゲットにされてしまう危険があるからです。

 

 

孤立しがち

 

他者を攻撃する人は、職場という狭い空間で他者に危害を加えているため自分を強者と錯覚してしまい、これから孤立する立場にあるとは夢にも思っていません。

誰かを傷つける人よりも、傷つけない人の方が社会では多数であり圧倒的に少数な行動をしている人物は、職場内で孤立していくのは必然なのです。

そして気がつけば、周囲には誰もいなくり触れられたくない存在として扱われてしまい、仲間と呼べる相手すら存在しない一人ぼっちの孤独な環境に自分の身を置くことになります。

 

 

周囲から反撃される可能性がある

 

「目には目を歯には歯を」という言葉があります。意味としては、人が誰かを傷つけた場合その罰が自分自身に返ってくるというもので、職場で攻撃的な人が他者を傷つけた報いが本人に返ってくるという事です。

本人は周囲に気づかれないように、隠れて被害者に攻撃を加えていると思っているのでしょうが、思っているのは自分だけで必ず誰かの目や耳に入ります。

そうなれば、あとは加害者に対しての反撃が待っているだけです。周囲の人にとっては、加害者に味方をする事はいじめを増長させ自分の印象が悪くなるだけでメリットよりデメリットが大きいので、敵になり反撃するほうが気持ち的にも楽なのです。

 

意外と打たれ弱く、傷つきやすい

 

他人に対して攻撃をするのは、相手を傷つける事を前提とした行動であり、常に自分が安全地帯にいるからこそ成立するものです。

しかし、安全地帯から離れてしまい自分が傷つけられるのは、心の準備が出来てない状態であるため打たれ弱い側面があります。

なので、ちょっとした言動でも傷つきやすいガラスのような心を持っているので、被害者が言い返すと何も反論出来ないのです。

 

攻撃的な人の対処法

 

相手のペースに飲み込まれないこと

 

攻撃的な人というのは、被害者が反論しなかったりと耐える事をしてしまうと、「これくらいなら受け入れてくれる」と一方的に思い込み、攻撃をエスカレートしていきます。

自分が現状を耐えれば解決する問題だと考えるのは間違いであり、加害者を勢いづかせる要因になってしまい逆効果になります。

加害者は被害者を弱い相手として認識しているから攻撃するので、我慢すればするほど被害者の印象は都合の良いサンドバック程度の扱いをするでしょう。

つまり相手のペースに飲み込まれないように、反論したり被害を受けたことを上司や相談出来る相手に悩みを打ち明けることで現状を打破する行動を取るのが正しい選択です。

 

 

毅然とした態度で接する

 

被害者が困ったり悲しむような態度をすることが、加害者にとっては自分の攻撃で相手にダメージを与えていると満足感を与えてしまい、さらにその表情を見たいがために繰り返し危害を加えてきます。

加害者の取っている行動は悪いことなので、被害者が弱気な態度をする理由など皆無に等しいので、毅然とした行動で接することで被害者は反撃の糸口を掴んだと言えます。

具体的な行動としては、加害者から攻撃させられた場面で相手の行動を責めるような言動で反論したり、何をされても無視をするなどの態度を示しましょう。

そうすることで、結果的に被害者に攻撃をしても何も反応がないので加害者は興味を失い、攻撃をする楽しみを無くして現状以上の危害を与えることを諦めます。

 

 

感情的にならず、攻撃的なのは相手の問題だと線引きをする。

 

先述でも述べたように職場いじめをする攻撃的な人物の行動は、加害者が一方的にしていることなので相手の問題だと考えて線引きをしましょう。

攻撃的な人の挑発に乗って感情的になってしまうと、状況が悪くなるだけで攻撃的な人がどんなにひどくてもあなたの立場まで悪くしてしまう事もありますので気を付けましょう。

 

さいごに

 

この記事では、攻撃的な人について解説してきました。攻撃的な人の特徴を知ることで、実は虚勢を張っているだけという弱い一面があることがわかります。

また、私自身呼応劇的な人に対して感情的な行動を取ってしまった結果、自分自身も会社での立場が悪くなってしまったという「諸刃の剣」的な失敗経験があるので、だからこそニュートラルな立場で冷静に対処したほうが長い目でみても良いと言えるかなと。

 

 

20代のあなたにおススメの人材紹介会社3選

※スマホでご覧頂いている方は下の表をスライドさせることができます。

会社名 特徴

リクルートエージェント

公式サイト

  • 転職支援実績トップクラス(2022年6月時点)
  • 非公開求人が約10万件(2020年8月時点)
  • リクナビにはないサポートが受けられる

DODA

公式サイト

  • 20代から30代前半の若手登録者が7割
  • 非公開求人を含む約10万件の求人から紹介
  • 会員数は約708万人(2022年6月時点)

マイナビエージェント

公式サイト

  • 20代の転職に強い
  • マイナビにはないサポートが受けられる

あわせて読みたい

上記3社を含むその他人材紹介会社については、下の記事でも取り上げています。併せてご覧ください!

【人材紹介会社一覧】20代の貴方におすすめしたい10社をまとめて解説!【転職エージェント】20代の貴方におすすめしたい10社をまとめて解説!

 

関連記事

もし、職場での悩み事や問題が解決に至らなかった場合、選択肢のひとつとして転職する事も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

以下、参考になりましたら幸いです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です