【職場モラハラ】加害者の特徴と対処法

いじめは学校だけではなく、会社でも起こります。パワハラは上司から部下に対して行うケースが多いですが、モラハラは上司のみならず、同僚の間でも起こりえます。それどころか、部下から上司に対して行われるケースもあるのです。

モラハラのやっかいなところは、それがモラハラだと気づきにくい点です。いかにも、口が悪そうな上司のパワハラには、周囲も気づきやすいでしょう。

ところが、モラハラ加害者には、一見穏やかそうな人もいるのです。あなたの部署にいる誰にでも優しそうな人が、実はサイコパスだったというケースも!

この記事では、そんなモラハラ加害者の特徴や心理、モラハラの事例を紹介していきます。あなたの身近なところで思い当たる節はありませんか?

 

 

職場いじめ「モラルハラスメント」とは?

 

職場で起こるいじめ、「モラルハラスメント」とは倫理や道徳に反した言動で、相手の精神に苦痛をあたえる行動です。つまり、精神へのいじめです。

略して「モラハラ」と表現されます。モラハラは、「魂の殺人」ともいわれるほど、被害者への精神的ダメージが大きく、被害者の中には、後々までうつ病やPTSDに悩まされ続ける人も少なくないのです。最悪の事態にもつながりかねません。

「パワハラ」との違いは加害者に職場での立場や権限があるかないかです。職権がある人からの嫌がらせやいじめを「パワハラ」と分類し、それ以外を「モラハラ」と称します。

上司から部下へのいじめは「パワハラ」にあたりますが、「モラハラ」は同僚同士または部下から上司へも起こり得ます。

 

 

職場で起こりうるモラハラの事例

 

無視する

 

職場で起こりうるモラハラの事例をご紹介しましょう。まず、モラハラの加害者はターゲットを見つけます。そして、そのターゲットを無視するのです。

具体的には、その人とだけ会話をしない、他の人と会話をさせない、1人だけランチに誘わない、皆が参加するような懇親会に誘わない、などです。

モラハラの加害者は、ターゲット以外の人には、非常に感じ良くふるまうことが多いです。要するにターゲットだけを「仲間はずれ」にするわけです。学校で起こるようないじめと変わらないですね。

他には、わざとさえぎるなどして会議で発言する機会を与えない、などもあり、ターゲットの仕事にも支障をきたします。

 

ターゲットの前でわざと悪口や嫌味を言う

 

悪口といえば、たいていは陰で言われるものですが、モラハラの場合は少し異なります。

悪口を言っていることが、わざとターゲットにもわかるよう言い、精神的苦痛を与えます。

「そんなことも出来ないの?」と嫌味を言うことや「〇〇卒はダメだな」といった経歴に関する侮辱的な言動もあります。

他には、肥満や薄毛など本人が気にしている身体的な特徴にダメ出しをしたり、「なんで、結婚しないの?」などとプライベートに対して過度に口出しをしたりすることも、モラハラといえるでしょう。

「あの人は仕事が出来ない」などの根拠のない噂やプライベートに関する噂を広めるという嫌がらせもあります。

 

 

マウントを取る

 

マウントを取ろうとすることもモラハラの一種です。自分の能力や成績を自慢するだけでなく、同じ立場であるにも関わらず「足をひっぱらないでくれよ」などと上から目線で言ったり、役員や上司がいる前で、ターゲットの能力の低さをアピールしようとしたりします。

また、アドバイスを求めてもいないのに「絶対にこうするべき」などと強要してくることなどもそうです。自分の立場が上で、相手が下と見せたがる「マウンティング」。これは、同僚からのモラハラに多いケースです。

 

仕事に必要な情報を共有しない

 

業務上、必要な情報を渡さない、というモラハラもあります。情報が足りなければ、業務が順調に進みませんし、重大なミスにもつながりかねません。

加害者は、ターゲットが困る様子や、ミスをして落ち込んだり、謝罪に追われたりする姿を見て楽しんでいるのです。

その仕事に関わる他の人にも迷惑がかかります。自分の楽しみのためにそこまでするとは、かなり悪質ですね。

これは同僚から行われるケースが多いモラハラですが、部下から上司へ必要な報告をしない、というモラハラもあります。そうすることで、上司はさらにその上の上司から管理責任を問われることになることもあります。

 

本人のキャパを超えた仕事を与えたり、具体的な指示を出さずに怒る

 

本人のキャパを超えた仕事を与える、ということもモラハラにあたります。期限内に1人で出来そうにもないボリュームの仕事を与えて、期限に圧力をかけたり、達成不可能なノルマを与えたりがその例です。

また、営業職なのに、内勤の雑務ばかりやらされるなど、本人の役割や能力に合わない業務を与え続けるというモラハラもあります。

指示内容が明確でなかったために質問をすると、「そんなことを聞くな」と突っぱねられ、仕方なく相談をせずに進めると、今度は「なぜ、確認しなかった?」などと言われ、混乱をさせることもあります。そうやって日々の業務でターゲットをじわじわと精神的に追い込んでいくのです。

 

 

モラハラ加害者の特徴

 

詐欺師のように巧妙で、心身掌握術に長けている

 

次にモラハラ加害者の特徴を見ていきましょう。

モラハラをする人は、詐欺師のように巧妙な心理掌握術を持っています。加害者はターゲットがいかに無能で劣っているかを強調し、自分の行いや考え方の正しさを主張します。精神的に追い詰められたターゲットは、「自分が悪いからだ」と思い込んでしまいます。

また、モラハラ加害者はときには、優しい言葉をターゲットにかけたりします。そうすることで、ターゲットは自分がモラハラを受けていることに気づきにくくなるのです。

モラハラ加害者はターゲット以外には感じの良い人としてふるまうことにも長けています。

ですので、仮にターゲットがモラハラ被害を受けていることを疑って、他の人に相談しても「あの優しい人が、そんなことを?思い違いでは?」などと言われてしまうこともあります。

 

自分が他人をいじめているという自覚がない

 

そもそも、モラハラ加害者は、他人をいじめているという自覚を持っていないことが多いです。自分が正しいことをしていると信じきっているからです。

自分のルールや価値観にこだわりがあり、それをターゲットにも強要します。加えて、自分が優れた特別な存在だと思い込む傾向にあるので、相手に非があり、自分がそれを正していると考えているのです。相手が辛い思いをしているという発想はまったくありません。

 

モラハラをする理由は「なんとなく」「責任転嫁」

 

モラハラ加害者がターゲットを決めて、いじめや嫌がらせ始める理由やきっかけは特にありません。「なんとなく」いじめが始まることが多いです。

ですので、被害者がいじめられる原因を考えても答えは出ないのです。いじめられる理由がないからこそ、被害者が「自分が悪いのだ」と思わされてしまうことにもつながります。

また、モラハラ加害者はよく「責任転嫁」もしてきます。いじめを始めたのは加害者の方なのに、加害者は自分が正しいと思っているので、自信に満ち溢れた態度を見せ、ターゲットに自分が悪いと思わせてしまいます。

 

支配欲が強い

 

支配欲が強いというのもモラハラ加害者の特徴です。表面的にはあなたのため、という態度を取りながら、相手を思い通りに動かそうとします。自分が優位に立つために、相手を不安にさせたり、罪悪感を持たせたりするように仕向けます。

モラハラ加害者は、ターゲットに強い態度に出るだけではなく、優しく接するときもあります。先にも紹介しました通り、モラハラ加害者は相手を心理的に操るのが得意です。このアメとムチを使い分けることも、心理掌握術のひとつです。

心理的に支配することによって相手を自分の都合よく動くように仕向けていきます。これは部下から上司へのパワハラでも起きます。部下の立場で上司を都合よく動かすことができれば、仕事がやりやすくなるのです。

 

 

モラハラ加害者の心理

 

他人の感情に無関心

 

モラハラ加害者は、他人の感情を理解できない人、または理解しようとしない人が多いです。

「自分が正しい」という考えが強く、自分の物差しを基準にしか物事をみていないので、

なかなか他人の感情に共感ができません。それゆえ、相手の感情的苦しみを理解できないのです。

また、モラハラ加害者は、「自分」と「他人」の境界線があいまいな傾向にもあります。「自分は自分」「人は人」という考え方をしていません。自分の思い通りにしたい、相手より優位に立てば、自分の思い通りに動かせる、と考えているので他人への思いやりや罪悪感にも欠けています。

 

嫉妬深く妬みやすい

 

自信たっぷりな態度で、ターゲットがいかに無能であり、自分より劣っているかを強調して、苦痛を与え続けているモラハラ加害者たちは、意外にも劣等感が強いのです。それゆえ、モラハラ加害者は、嫉妬深く妬みやすい傾向にあります。

自分よりすぐれている人や自分が持っていないものを持っている人をターゲットにして、嫌がらせを仕掛けていくことがあります。自分の劣等感を克服するよりも、地位や能力や人望など、自分が持っていないものを持っている人から、それらを奪うことに意識が向いてしまうのです。

 

自己愛精神と被害者意識が強い

 

強い劣等感を抱く一方で、自己愛精神と被害者意識が強いのもモラハラ加害者の心理です。

劣等感のある自分を守るために他者の価値を下げている一方で、全能感を持ち、自分のことを特別視する傾向にあります。ですから、他人が自分の機嫌をとってくれないと気が済まないのです。モラハラ加害者は「私に愛されたければ、私の機嫌を取るべきだ」と考えているため、相手が思い通りのことをしてくれないと、「そのせいで傷ついた」という被害者意識を抱きます。ターゲットの罪悪感にうったえ、相手をコントロールしていきます。

 

関連記事

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です