【職場モラハラ】加害者の特徴と判断基準について

本記事では、役職や立場に関係なく職場で起こるモラハラについてまとめていきます。モラハラという言葉を耳にしたことはあっても、実際に会社で行われている行為か迷いますよね。

 

あなた自身へ降りかかる可能性があり、気づいたときには被害者になる場合があるため、他人事と捉えずに今一度職場全体を見渡してみて下さい。

 

私自身、「気のせい」「思い込みすぎ」と考えモラハラを受けたことがあります。職場で起こるモラハラを予防し、対応できるように知っておくべき事柄を紹介します。

 

職場で起こりうるモラハラいついて

 

モラハラとは?

 

モラハラとは「モラルハラスメント」の略称で、肉体的な暴力をともなわない目に見えない精神的な嫌がらせのことです。特徴としては、言葉の暴力、精神的な嫌がらせ行為全般を意味します。

 

加害者は、自分の行為が「常識」と考えており、被害者に対してモラハラをしているという認識が無いため、普通の人なら罪悪感を持ってしまうような言動を平気で発言し、他人の考えを否定することで自身が優れた人物であると称賛してもらうために悪用しています。

 

加害者の特徴・行動パターンとしては、罪悪感を持たず他人に責任を押し付ける。立場が上の人物には弱く、弱者と判断した人物には強い。被害者に対し、しつこく付きまとい執拗に攻撃を繰り返します。

 

上記の特徴・行動パターンは一部ですが、全てにおいて共通されることは精神的に優位に立ち精神的な暴力をすることです。

 

 

職場内でモラハラと判断される基準について

 

職場内でモラハラと判断される基準は、職場内で権力や人間関係を悪用して仕事の範囲外から精神的・肉体的ダメージを与え職場環境を悪化させる行為をすることです。

 

具体的には、職場での上司という立場に関係なく自分の優位性を利用して、逆らえない状態を作り上げ一方的に嫌がらせをしたり仲間はずれにします。モラハラは上司からされるもの、というイメージがありますが、同僚・部下からも悪質ないじめをされ精神的にダメージを受けてしまった場合にもモラハラ認定されます。

 

モラハラは、肉体的な暴力をされないので周囲に発覚するまで時間がかかるため、気づいたときには被害者の精神が限界を迎えることがあるので、職場内での小さな嫌がらせからでも後々自分にダメージが蓄積されるため、放っておいてはいけません。

 

 

モラハラとパワハラの違いについて

 

モラハラとパワハラの違いは、モラハラは暴力をともなわない精神的な嫌がらせをすることで目に見えない苦痛を与え続け、会社での居場所を無くす行為です。

 

判断基準が、自分自身が精神的に限界を迎えたり相手の言動に疑問を持たないと判断できないため自己判断に左右される場合が多く、人によってはモラハラと受け取られないことがあるため自分は些細なことと考えていても、「実はモラハラでした」と発覚する事案も少なくありません。

 

パワハラは、職場内での立場を悪用して労働者に対して業務の適正な範囲を超えた叱責や嫌がらせを行うことで身体的侵害、精神的侵害、人間関係からの切り離し、過大な要求、評価を過小に評価、個の侵害を与える行為です。

 

モラハラとは違い、周囲の社員に発覚されやすく被害の共感を得られやすい行為で、例として業務の適正な範囲を超えた叱責などは、怒鳴りつける行為という目に見える行動なので分かりやすい行為と言えます。

 

モラハラとパワハラの大きな違いは、モラハラは上下関係の立場に関係なく倫理・道徳なものに反した行為なので、パワハラと違い職場だけでなく家庭でも起こりうるハラスメント行為です。

 

 

モラハラの具体例

 

嫌味を言われる

 

まず一つの例として、業務の範囲を超えた嫌味を言われることです。嫌味を言うこと自体が、相手を不快にさせる行為ではありますが、職場で業務の範囲外に行なわれることは立派なモラハラに繋がります。

 

あなたが仕事でミスを発生させたときに、「こんなことも出来ないのかお前は?さぞ良い学歴をお持ちなんだろうな!」と言われたとして、立派なモラハラの一つに繋がります。仕事をミスしたことを注意されたとしても、こんなことも出来ないのかお前は?と否定されたり学歴を指摘されるのは業務とは関係ない事柄です。

 

ユーモアや冗談だとしても笑えない発言なので、あなたはモラハラを受けた前提として信頼できる人に相談したり、専門の相談機関に行くことをオススメします。自分がミスしたから、嫌味を言われてしまっても仕方がないと諦めてしまったり、我慢してしまうと精神的なダメージが蓄積して心が限界を迎えてしまいます。

 

溜息や舌打ちなど

 

 

職場でよく発生するモラハラの代表例の一つで、目に見えてわかる具体例です。溜息をされたことで、圧をかけられ仕事のパフォーマンスを低下させられることになってしまい、職場での成果を出せなくなります。

 

職場内ですれ違い様に舌打ちをされる、話している最中に舌打ちをされたら恐怖心を覚えたり逆らったら、何をされるかわからない精神的上下関係を作り出されます。

 

仕事のパフォーマンスを出せなくなる、相手に恐怖心を覚えてしまうことで会社に出勤して仕事をするモチベーションが下がってしまい、欠勤をしてしまったり退職をしてしまう原因に繋がってしまいます。

 

無視される

 

挨拶をしても無視される、話しかけても無視される行為もモラハラになります。無視されることで職場内で孤立させられ、必要とされていないと悩む原因になり個人の存在を否定することになります。

 

無視をされてしまうと、人間関係を築くことが出来なくなり意図的に仲間はずれにされてしまい、仕事がやりづらくなって仕事の意欲が下がり、悩み事を相談する相手もいなくなって本人の居場所が無くなってしまいます。

 

こうした行動は、「気のせい」や「考えすぎ」と受け取ってしまうには陰湿な行動であるため、一日も早く抜け出すことをオススメします。

 

しかるべき場所に訴えたいけど証拠が無い、と悩まなくても大丈夫です。職場内で無視をするような相手なので、仕事で出している成果や進捗を共有出来ていないため、そういった面を突いて訴えてしまえば結果は一目瞭然です。

 

人格否定などのような発言

 

人格否定などの発言は、持って生まれた身体的特徴や本質を否定することが当てはまります。

例として、「お前は、痩せてるから体力が無いんだ」や「そんなことも出来ないのか、お前は〇〇以下だ」など、聞いただけで発言した人物が100%悪いとわかります。

 

それぞれ自分の価値観を持っていても、相手の人格否定する発言をしてしまうことは許されることではありません。仕事に全く関係がなく、ミスの原因が本人の人格によって発生することはありませんので、モラハラに該当します。

 

他人の人格を否定することで、自分の優位性を確立しよとする行動であるため発言している本人に罪悪感は微塵も感じられないので、遠慮せずに一言一句発言を記録して会社に提出し相手に責任を取って頂きましょう。発言の記録をすることで、モラハラの信憑性も高まります。

 

マイクロマネジメントなど、常に部下を監視し信用しない態度

 

マイクロマネジメントとは、上司が部下の仕事ぶりに過度に干渉して仕事全てに口出しをすることです。仕事全てに口出しをされることで、常に監視をされている状態で仕事をすることになり、本人の自主性が奪われることになります。

 

常に口出しして監視されている状態になるため、仕事のモチベーションが失われ上司が部下の仕事方法を否定し意思決定を任せないことで、成長する機会が失われてしまいます。

 

良く言えば、部下への面倒見が良い上司ですが今回の事例では、過干渉で部下を信用していないので管理をしていると言えるでしょう。

 

プライベートに踏み込み、私生活にまで干渉する

 

プライベートに踏み込み、私生活に干渉する行為は「個の侵害」にあたるモラハラです。個人のプライベートにムリヤリ干渉したり、休日の職場外での行動を詮索することなどが当て嵌まります。

 

私生活を過剰に詮索することは、仕事をする上で不必要なことでありプライベートの侵害なので職場で報告する義務はありません。

 

事例としては、職場内での雑談と区別がつきにくいですが私生活の内容で、交際相手の有無や休日の過ごし方など深く聞かれたと判断できる話題ならば、モラハラに該当するので疑問に考えて下さい。

 

私生活やプライベートは、個人が唯一安心できる空間であるため会社の人に侵害されるとで精神的な苦痛に繋がります。

 

職場内でのモラハラが改善しない場合は、転職を視野にいれて環境を変えましょう!

 

上記のようなモラハラをしてくる上司や、それを容認するような会社に居続けても、あなたの心が疲弊するだけで状況は良くなりません!

それどころか、鬱になった経験から言えることですが、モラハラによって自己肯定感が下がるし、相手が憎いという気持ちを抱えながら日々を送るというのは辛いもんです。

転職をすることで、「根性が足りない」とか勝手なことを言ってくる人がいるかもしれませんが、当事者の意見ではないので無視しましょう!

他人はあなたの人生に責任をとってくれません!あなたの人生は自分で責任を取る必要があります!他人の承認欲求を満たすために生きているのではないから。

下記リンク先では、転職活動に関する内容をまとめていますので、宜しければご覧ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!