職場モラハラで体調不良→対処法を解説

自分に自信がないから優位性を示したい、優位性を示す行為が相手に嫌がらせをしたり、精神的に追い詰める行為という歪んだ行動として表現されてしまいます。

 

前述の歪んだ行動は、職場や家庭で「モラハラ」と言われる悪質な行為であり、加害者は日常的にモラハラをする事で、自己愛が豊富に含まれた一方的な優位性を獲得したと思い込んでいます。

 

職場のモラハラを受け続けていると、体調不良になってしまうこともあるかと思います。そこで、この記事では対処法をまとめていきます

 

モラハラについて

 

モラハラとは?

 

モラハラとは、モラルハラスメントの略称で倫理や道徳の嫌がらせを指し、肉体的な暴力ではなく精神的な暴力で相手の心を傷つけることです。

 

具体的な特徴として、言葉による暴言や精神的な嫌がらせ行為全般で、相手を精神的に追い詰める行為のため精神的DVと表現される事もあります。

 

言葉による暴言で相手の人格を否定して、精神的な嫌がらせ行為で心身に深いダメージを与えます。心身を傷つける行為のため、場合によっては肉体的な暴力より発見が遅れるケースが発生してしまいます。

 

加害者がモラハラ行為と認識せずに行っている場合が多く、被害者に善意や愛情を与えていると思い込んで行うので、加害者が指摘されても自分がモラハラを行っていると理解出来ない側面があります。

 

モラハラとパワハラの違い

 

モラハラとパワハラの違いは、モラハラは言葉による暴言や精神的な嫌がらせ行為で、相手の心身を傷つけることで、パワハラは叱責や暴力による威圧的な言動や行為で上司から部下、先輩から後輩へなど立場を利用した嫌がらせ行為です。

 

パワハラは、パワーハラスメントの略称であり、パワーという単語からもわかるとおり立場を利用して自分より弱い立場の相手に行うのに対し、モラハラは、立場に関係なく加害者が被害者に対して精神的優位性を示すために行うので職場だけでなく家庭内でも起こりうるハラスメントです。

 

モラハラは、パワハラのように職場の立場を利用した嫌がらせ行為ではなく、精神的優位性を示すために行うので、職場内では同僚や部下から精神的被害を与えられる可能性もあるため、被害の発見が遅れてしまう場合があります。

 

モラハラを受け続けた結果、もたらされる悪影響

 

モラハラを受ける被害者は、精神的な暴力を日常的に受け続けるため心身共にダメージを受ける事になるので、日常生活を送るために悪影響が出たり、心に深い傷を負い精神病を患ってしまいます。

 

まず一つに、モラハラを受ける事によりストレスを感じ、不眠や食欲不振、頭痛など肉体面にも影響が出る心身症が発生します。

 

次に、心に深い傷を負い精神が限界を迎えてしまい、うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し日常生活や、仕事を続けることが困難な状況に追い込まれてしまいます。

 

 

職場で起こるモラハラあるある

 

 

イヤミや陰口など、言葉による暴力

 

モラハラの事例は職場内で被害者に対して、本人に聞こえるように陰口を言ったり、本人に対してイヤミや侮辱的な言動などの言葉による暴力を与えます。

 

被害者本人に聞こえるように陰口を言うことで、被害者の能力や人格を否定して、加害者が被害者よりも精神的に優位に立っているように周囲へ印象づけるために行います。

 

例として、〇〇は仕事が出来ない、〇〇は頭が悪いなど、周囲の人達が被害者に対して悪い印象を持ち加害者が優秀だと考えてしまう要因になります。

 

イヤミや侮辱的な言動で、本人を中傷して精神的苦痛を与え被害者に恐怖や苦痛を感じさせて、仕事を続けることに悪影響を与えます。

 

無視をするなどの放置プレー

 

職場内で被害者に対して無視をすることで、職場内で孤立させ居場所をなくさせる行為を行います。

 

挨拶をしても無視をする、発言を途中で遮るといった行為や職場内で被害者だけ食事や遊びに誘わない行為を日常的にすることで、職場内で周囲との人間関係から孤立させ、被害者の存在価値を否定し精神苦痛を与えます。

 

職場内での居場所をなくし孤独になった被害者は、他の社員との業務の引継や連携が出来ず仕事を円滑に進めることが困難になってしまい、会社で仕事を続けるモチベーションを奪います。

 

 

安全配慮義務を違反した行為→労働環境が最悪

 

安全配慮義務とは、仕事を行う労働者に対して会社側が安全を確保する義務を負うことで、身体的、精神的に安全性のある適切な職場環境を確保しなければいけませんが、モラハラ行為が行われている会社は義務を違反している事になります。

 

モラハラ行為が社内で行われている事実を知りながら、会社はモラハラ行為に対して対応をせずに放置しているので義務を放棄しています。会社が安全性のある職場環境を確保しなければ、社内で肉体的、精神的な危険が起こる要因が放置されることが日常的になり、結果的に労働環境が最悪になります。

 

 

仕事の無茶ブリや、押しつけなど

 

モラハラの事例として、職場で本人の能力を超えた仕事量を強引に押し付ける行為があり、所謂仕事の無茶ブリと言われる行為で、押し付けられた被害者は対応出来ない仕事量に精神的負荷が増大して苦痛を受けてしまいます。

 

仕事の無茶ブリを押し付けた加害者は、被害者に対して精神的優位性を一方的に押し付けて、断れない状況を作り相手の仕事環境に悪影響を与えます。

 

本来終わらせる事が出来たはずの仕事が、モラハラによる仕事の無茶ブリで妨害されてしまい、自分の仕事を終わらせる事が不可能になった被害者は、職場内の評価を下げられてしまいます。

 

モラハラに遭った時の対処法

 

人事や信頼できる上司に相談する

 

モラハラ行為をする加害者に共通される事は、相手に対して精神的優位性を示したいという一方的な自己愛を持ってモラハラ行為をするので、モラハラをする社員より優位性を持った第3者である人事や信頼できる上司に相談しましょう。

 

モラハラをする社員より優位性を持った第3者に相談する理由は、相談した事が社内で明るみになり加害者の耳に入った場合、物理的にも精神的にも守ってもらうためであり、相談する事で一人で抱え込んでいた被害者の精神的負担も軽減されます。

 

モラハラ行為は会社内では、精神的負担を受けた社員が休職や退職してしまえば、仕事の効率を悪化させる結果になり、淘汰される行為であるため加害者を社内で処罰できる権力を持つ人事や上司の力が必要になります。

 

時には反論してみる

 

相手からモラハラ行為をされる事を止めさせるため、時には反論する行動も必要になります。

被害者に対して、精神的優位性を示したいということは悪く言ってしまえば、この相手なら反抗してこないだろう、と判断されているので反論されるとは微塵にも考えていません。

 

反論する行動をすることで、自分が被害者より優位に立っている前提が崩れてしまい、逆らわないと思い込んでいた相手が、実は自分の思い通りには動かない相手だと認識を改めるきっかけになります。

 

モラハラという行為は、社会悪に分類される行為なので反論することは悪い事ではないので、遠慮せず反論しましょう。

 

転職活動を行う

 

人事や信頼できる上司に相談したり、モラハラ加害者に対して反論しても問題が解決されない場合

は、転職活動を行いましょう。

 

問題が解決されない会社に留まり仕事を続けることは、仕事のモチベーションを下げて精神的に苦痛しかないため、デメリット以外の何者でもないです。

 

自分にデメリットしかない会社には、早々に別れを告げて新しい職場環境を探して明るい未来を見つけましょう。

 

関連記事

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です