仕事で怒られる→やる気なくす時の対処法まとめ

仕事で怒られる→やる気なくす時の対処法まとめ

仕事で怒られる時、自分に非がある場合は改善しなければいけませんが、上司のストレス発散のはけ口のような感じで理不尽な思いをすることもあると思います。この記事では、それらの対処法をまとめていきます。

理不尽に怒られるというのは、会社では誰にでも起こってしまう現象であり、避けては通れない道でもあります。

誰にでも起こってしまう現象であるのならば、事前に本記事で対処法を知っておくことで、自分が会社で被害者になった時に適切な行動に活かせます。

 

仕事で怒られる時、自分に非がある場合

 

 

職場で仕事中に怒られた時、怒られる理由はニ種類に分けられる場合があり、上司から理由もなく理不尽に怒られる、自分に非がある場合です。後者の自分に非がある場合は、怒られた時に上司へ反論を伝えたいという考えを、相手へ吐き出さずに飲み込みましょう。

自分に非がある場合に怒られるということは、上司は相手に非を改善してもらいたいから怒っているので、素直に非を認めることが大切です。素直に非を認めずに、上司へ反論を伝えると火に油を注ぐ形になり怒られる時間も増えてしまい、結果的に損をするのは自分になります。

反論して自分の意見を伝えるのは悪いことではありませんが、反論する場面を間違えてはいけません。自分に非が無ければ怒られる原因が発生していないので、まずは自分の非について謝罪することから始めましょう。

怒られて非を認めずに言い訳や反論をすると、責任転嫁をして逃げている印象を相手に与えてしまいさらに怒られます。言い訳や反論を繰り返して許されるなら、何度も繰り返しますが許されないから怒られているので、自分にプラスに働くことはありません。

対処法としては、自分の非を素直に認めて上司が怒っているのは、自分に非を治して欲しいから怒ってくれていると前向きに考えて謝罪し、次も同じ非を繰り返さないようにするためには、言葉で謝罪するだけではなく、原因を探して真剣に自分の非と向き合いましょう。

 

怒られた時に、なぜそうなったのかを考える事が必要

 

会社に不信感→辞めたいと思った時に取る行動!

 

上司から怒られた時に、なぜそうなったのか原因を考える事が必要です。怒られる原因がわからないと、怒られるたびに嫌な気持ちになり仕事のモチベーションが低下してしまいます。

怒られる原因を考える事が必要と言われても、自分で考えて怒られた原因を探す事が一番大切ですが、原因がわからないから困っているという方もいらっしゃるでしょう。ではどうするか?原因を探すことは簡単で、職場で怒られていない人を観察する事から始めてみると原因がわかってきます。

上司から怒られた自分と、怒られない人の違いは必ずあります。なぜなら、怒られない理由があるから怒られていないので、その人との違いが自分の怒られる原因に繋がっています。自分との違いを見つけて劣等感を感じるのではなく、自分が怒られて嫌な気持ちにならないように工夫していると考えてみましょう。

例えば、仕事で同じミスをした自分と他の社員が二人いた場合に上司から怒られたのは自分だけで、他の社員は軽く注意されただけで終わった事例がありますが、軽く注意された社員は素直に自分から謝罪をしてミスを認めましたが、怒られた自分はミスを認めるよりも上司に反論する事を優先していました。

上記の事例から、怒られなかった社員は「素直にミスを認めて謝罪をした」が、怒られた自分は「謝罪するよりも自分の反論を優先した」ので怒られた原因が簡単にわかります。怒られた原因を考える事で、自分が次に同じ原因で怒られる事を防げます。

 

怒られる理由が理不尽である場合に取る行動

 

 

有休を取ったり休職することで身体を休める

 

これまでは、仕事で怒られる理由が自分自身にあった場合や、怒られた時になぜそうなったのか原因を考える事が必要と述べてきましたが、仕事をする時に怒られる理由が理不尽な場合も存在します。

怒られる時には自分に何か理由があるのではないか?と考えて、思い当たる理由が無いのに何故か怒られてしまう事は、残念ながら社会に存在します。ミスをしたから怒る、上司が部下の事を想って怒る、理由は様々ですが怒る側が怒る理由を決めるのは事実であり、人対人でコミュニケーションを取る社会では、理不尽な理由で怒られるのも不思議ではありません。

怒られる理由が理不尽な場合、理由を探す事が出来ないので受け入れる事ができず、無理をしてしまい精神面や肉体面にダメージを受けて、結果的に自分が壊れてしまいます。

その場合、取るべき行動の一つに自分が壊れてしまわないように休みを取る事です。会社では、休みを取っても給料が貰える有休休暇や、病院で診断書を貰って会社を休む事ができる休職という制度があるので、積極的に活用していきましょう。

理不尽な理由で怒られる場合にしてはいけない行動が、中途半端に我慢してしまう事で自分を精神的、肉体的にも壊してしまう事なので、思い切って休んでしまいましょう。

 

心療内科を受診する

 

先述で述べた病院で診断書を貰って、会社を休む事について詳しく説明します。精神面が限界を迎える事で、鬱病や睡眠障害などの精神病を患ってしまった場合、今までと同じポテンシャルで仕事や生活を続ける事が出来ない状態になるので、心療内科を受診する事をお勧めします。

心療内科を受診して、担当医師に現状の精神状態を説明する事で適切な診断結果を出してもらう事が出来ます。

心療内科の医師は、患者と初対面なので現状を説明するためには、今の精神状態になってしまった原因や、それによって起こった不利な状態を詳しく説明して理解を得る事が大切です。

診断結果が、これ以上仕事を続ける事が出来る状態では無いと判断された場合、診断書を貰えるので診断書を会社に提出する事で、病休扱いとして休む事が出来ますので遠慮なく休みましょう。

 

人事や上司に相談したり、配置転換を打診する

 

理不尽に怒られる現状を変えたい場合、人事や上司に相談したり一歩でも良いので行動しましょう。会社の人間関係で悩んでいる現状なので、人事や他上司に相談をする事で口に出して理不尽に怒られている現状を共有出来るので、精神的負担が軽くなります。

人事や他上司に、現状を共有することで理不尽に怒る上司から離れるきっかけを作る事ができます。なぜなら、自分が職場で受けてきた理不尽な行為を今まで人事や他上司が知らなかったので、現状が変わりませんでしたが相談して伝えた事で味方を増やせて、上司から離れるために配置転換を打診する材料に使う事が出来るからです。

事前に、人事や他上司に相談をしていないと現状から抜け出したくても、配置転換をするための下地が出来ていないので打診をしても断られる可能性があります

 

精神に異常をきたすほど限界ならば転職を視野に入れる

 

職場での現状を変えるために、配置転換を打診する事も選択肢の一つですが、精神に異常をきたすほど限界ならば配置転換で今の上司から離れたとしても、根本的な原因が解決出来ないので心機一転して転職を視野に入れましょう。

転職を視野に入れて選択肢を増やす事で、自分の現状に逃げ道を作り気持ちが楽になるので、精神的負担が軽減されます。

現状が精神的に限界なので、精神的負担を軽減して冷静な判断で物事を考える精神状態に回復させて、転職先を冷静な判断で選ぶ事が出来ます。

転職をする考えに辿り着いたとしても、焦らずにワンクッション置いて冷静に判断出来る状態に自分を回復させてから行動する事で、次の転職先で理不尽な怒り方をする上司に出会う確率を減らして明るい転職先に出会いましょう。

 

下記リンク先にて、転職活動に関する内容をまとめています。宜しければご覧ください。

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!