【転職理由】上司のパワハラが原因と伝えるのはアリ?

【転職理由】上司のパワハラが原因と伝えるのはアリ?

悲しいことに、上司のパワハラが原因で転職せざるを得ない事ってあると思います。かくいう私もそうでした。

どんなに前向きに仕事をしようとしても、上司から否定されたり、不当な暴言を吐かれたり、仕事と関係のない嫌味を言われると常にダメ出しを喰らっているような気分になり、精神的にもボロボロになって仕事に対する意欲がなくなってしまうこともあります。

なぜパワハラを受ける事になったのか、原因を考えるのも解決策に繋がるのかもしれませんが、そもそもな話上司のパワハラが起こるような職場はストレスの高い環境の為、転職を考えたほうが良いと思っています!

そして、いざ転職活動をすることになった際、転職理由として上司のパワハラを理由とするのはアリなのかどうか?そこが転職を考えているあなたにとって気になるポイントですよね?

この記事では、そんなあなたに向けて、上司のパワハラの事実を転職理由として述べてよいのかどうかについてお話していきます!

 

【転職理由】上司のパワハラが原因と伝えるのはアリ?

 

 

結論から言うと、可能性は半々かなと考えます。理由は、受けに行く会社がどう受け止めるかによって異なってくるからです。

(退職理由をパワハラを理由にしたわけではありませんが)私が最初に転職した会社の面接では、面接官の方や会社が私がいた会社の事を良く知ってくれていたので、「過剰な営利追求型の社風に疑念を抱き、もっとお客さんの満足度を意識して営業活動したかったからです」と伝えたところ受け入れて貰えた事例があります。

私のようなケースはたまたま運が良く、会社のことを知ってくれていたから話が通じましたが、それでもただパワハラを退職理由にするのはなかなか受け入れてもらえない事の方が多いように思います。

例えば以下のように説明すると、多少は受け入れてもらえるケースもあると思います。

「恐らく好き嫌いがきっかけで、上司の一方的なパワハラを受けるようになり、否定される言葉を投げつけられた結果、精神的に参ってしまい、業務にも支障をきたしました。

その後、人事にも診断書を診せたり、経緯をまとめた書類を見せるなどの行動を取りましたが、話を取り合ってもらう事ができず、安心して働くことができないと判断したため退職を考えました」

要は、パワハラを受けた結果、自身が精神的に参ってしまい、改善すべく働きかけをしたものの、何も変わらなかった。だから転職を意識し始めました。

というように、「パワハラ」というマイナスな要素を改善すべく動いた、というポジティブな要素を入れる事によって少しでも否定的に取られがちな部分を取り除く努力をアピールするわけです。

企業側も、法令順守意識の高い会社であればパワハラに関する事は熟知しているはずですし、必ずしもパワハラを受けた過去があったからといって否定する事は無いと思います。

パワハラはあってはならないけど、理不尽な状況を乗り越えるべき取った手段を努力と評価してくれるのか、それとも問題を起こす危険因子の可能性があると判断するのかは、その会社次第になるという感じです。

ま、私だったら理不尽なパワハラを理由にした結果、否定してくるような会社には行きたくないですが・・・

 

面接官が前職での退職理由を聞くのはなぜか?

 

 

そもそもの話ですが、なぜ面接官が前職の退職理由を聞くのか?それは以下のようなポイントを重視しているからです。

  • 前職と同じ理由で辞められないかどうか
  • 退職理由が他責でないかどうか
  • 転職後の意欲を知る為

これらのことを確認することで、人事を含む面接官は、自社に相応しそうな社員かどうかを見極める要素にしているわけです。

また、「パワハラ」を理由にする場合は、面接官は当然ながら当事者ではありませんので、どちらかというと他責っぽく受け止められてしまうわけです。

ですから、上でも取り上げたように「パワハラ」を転職理由にする場合には自分に非が無く不可抗力だったことを客観的に説明する必要があるわけです。

一般的にはパワハラを退職理由として企業側に納得してもらえたというケースはあまり聞かないので、飽くまでも業務上の事に関連した内容にとどめておくのが無難です。

大切なのは、転職後の「未来」の姿なので、どんなところで自分の強みを生かせるのか、どのように活躍していきたいのか?という風に、採用側の方に未来をイメージできるような話で締める事ができれば、ネガティブに受け取られがちな「パワハラ」の部分も取り除くことができるかもしれませんよ!

 

 

退職理由を、パワハラ以外の業務上の理由に置き換えて説明するのが無難!

 

 

飽くまでも一例ですが、以下のような表現だと、転職する事で前職では叶えられなかった事を実現するためという風に言えるので、無難かなと思います。

 

■イケイケな営業会社で体育会系の上司のパワハラがしんどかった

→(上記でも述べていますが)営利追求に重きを置いた結果、顧客満足度が低く、社内でも改善の兆しが見られず心苦しくなったため

 

■色んな意味で無関心の上司に、一方的に仕事を取りあげられるなどの嫌がらせを受けていた

→会社の業績が前年比◯%減の状況にも関わらず、業績を回復させるべく案を述べるが、具体的な根拠もなくただただ否定されるだけでやりがいを失った為。

 

 

あなたの転職理由を考えるのに、良きサポーターとなってくれるのが転職エージェント(人材紹介会社)です!

 

 

転職エージェントとは、民間の転職支援業で、あなたの転職が成功するまでサポートしてくれます!また、登録も無料で求職者の方からは費用をしない仕組みとなっています。

私も、転職エージェントにはお世話になり、面接対策として想定問答や提出書類(履歴書、職務経歴書)の添削などもして頂きました。

極端な話、ハローワークなどの公共機関よりも、プロフェッショナルな目線でサポートしてくれますし、良質な求人も多いです。

まずは情報収集からでも構いませんので、登録しておきましょう!(詳しくは後ほど追記します。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!