仕事はお金の為と割り切るコツを解説!

会社に入社したときは職場に認められたい、キャリアやスキルアップの為に頑張りたいという強い熱量を仕事に対して抱いて入社しますが、一生懸命頑張っても評価されない時には仕事をする目的が失われてしまいます。

 

自分が何のために働いているのか疑問に感じてしまい、いつの間にかやりがいを失くして仕事を続けられずにストレスを抱え、辞めたくなる原因になります。

 

目的が失われ仕事を続けていくと結果的に自分自身が報われないので、自分が仕事をする目的をお金の為と割り切って考えるのが大切です。

 

お金は現代生活に必要不可欠な存在であり、仕事を決める志望動機の選択肢の一つとして選ばれる事もあります。

 

仕事をお金の為に割り切る方法や、割り切れないと思った時の対処法をまとめていきます。

 

仕事はお金と割り切る為の考え方

 

仕事はお金と割り切る為に必要な事は、目的を決める事です。目的を決めずにお金の為と割り切ってしまうと、仕事を続ける事が出来なくなってしまいます。

 

目的の例としては、欲しい物を買うためにお金が必要だから仕事をしている、というお金を手段として活用する為に必要な存在として割り切り、そのために結果として仕事をする事になります。

 

お金の存在を重く考えてしまうと、結果としての仕事の重要性も深くなり目的と手段が入れ替わってしまい割り切るのが難しくなってしまいます。

 

例として、欲しい物を買うためと述べましたが簡単に購入出来る物だと、すぐに目的が達成出来てしまい仕事を続ける理由とは釣り合わないため、長期的な購入品を選びましょう。

 

長期的な購入品を選ぶ事で、その品を買うお金を得る為に仕事を続けていると割り切るのが簡単に出来るので、お金を理由にして仕事をする事に罪悪感を感じる方にとっては選択肢として選びやすい動機になります。

 

先述で例を述べましたが、一番大切な事は仕事はお金と割り切る事です。

 

 

仕事は生活の為と割り切るコツ

 

 

お金を稼ぐ事=汚いことではない

 

仕事をする動機を、お金を稼ぐ為と決めてしまう事は汚い事ではありません。なぜならお金を稼ぐ事も立派な動機になり、社会の中で生きていくために必要だからです。

 

お金のために仕事をすることに対して、周囲からの印象が悪くなると思いがちですが、住居を借りる時やローンを組む時に、お金を稼げない人とお金を稼げる人の社会的信用は後者の方が圧倒的に高いため、お金を稼いで社会的信用を買っていると考えれば結果的に印象が良くなります。

 

お金を稼ぐ事を自分のプラスイメージに出来るので堂々とお金の為に働いていると言っても、周囲の人に共感を得られ悪い印象を持たれないので、お金=汚い事と自分を否定するのはやめましょう。

 

 

お金を稼ぐ事は生活の為に必要な事

 

現代で生活をする為には衣食住が必ず必要になり、衣食住を揃える上で切っても切れない存在がお金になります。

 

お金が無ければ、自分が求める衣食住が手に入らない生活が続いてしまい暮らしが苦痛になってしまうので、日々の楽しい生活をお金で買っていると言っても過言ではありません。

 

仕事の働きがいがあれば、収入が低くても良いという考え方を否定するわけではありませんが収入が低ければ生活を保てないのも事実であり、働く立派な動機になります。

 

 

給料をもらうことがやりがいになる

 

会社で働く事で毎月もらうことが出来るのが、給料です。一ヶ月働き続ける中で、給料日という一大イベントは働くやりがいに繋がり、日々の仕事を乗り切るコツになります。

 

給料というのは、自分の仕事が会社に評価されることによって渡される物で、尚且つお金というわかりやすい形の現物支給なので、受け取ると嬉しい気持ちになりますよね。

 

毎月の給料を使う目的を考えるだけで、給料日が待ち遠しくなり日々の疲れも気づけば給料日になっていて忘れていた、というのも珍しくありません。

 

評価され給料という現物支給をもらえるので、次の仕事も頑張ろうとモチベーションアップにつながります。

 

 

仕事のやりがいは自分でみつけていく

 

仕事のやりがいというのは、「お金の為になるから」「仕事が楽しいから」「職場環境が良いから」「生きる目的になるから」人それぞれ理由があり、身も蓋もない事を言ってしまえば正解はありません。

 

仕事のやりがいを他人から決められたとして、自分が仕事を続けていけるかと言われると出来ません。他人が決めたやりがいは、偶然その人にとっては仕事のやりがいとして上手く進んでいるだけで、自分が実践して上手くいくかの保証は無く誰も責任を取ってくれないからです。

 

他人が決めた仕事のやりがいを実践して続かなかった時に、他人を責めて職場環境が悪くなったり責めなくても心のモヤモヤとして残るくらいなら、誰にも迷惑がかからない方法なので潔く自分で仕事のやりがいをみつけましょう。

 

 

仕事をお金の為だと割り切れない人が取るべき行動

 

 

仕事が苦痛でないかどうか考える→妥協点を見つける

 

仕事をする場面では、「肉体的苦痛」「精神的苦痛」など必ず苦痛を受けてしまうことがあり、会社で働く中で、苦痛とどのように向き合っていくかを試行錯誤しながら考える必要があります。

 

仕事の苦痛を全て受け入れる事は、自分自身を苦痛のサンドバックにしてしまう事と同義になってしまいます。

 

苦痛を全て受け入れる為にどうすれば良いか考えるよりも、自分ならここまでは我慢できる妥協点を見つけましょう。

 

妥協点を見つける事で、事前に逃げ道を作れるので妥協点の限界が来てしまえば逃げる選択肢を遠慮なく選ぶ事が出来ます。

 

逆に、妥協点を見つけていないと自分がいつまで苦痛を我慢すれば良いのか判断出来ないので、身体を壊して倒れてしまったり、精神的に病んでしまい仕事を続けられなくなってしまいます。

 

 

運動や旅行などをリフレッシュを図る

 

仕事の疲れや苦痛を忘れるために、リフレッシュを図り気分転換をしてみるのも良いでしょう。休日にサイクリングへ行ったり、ランニングや軽い散歩でも良いので運動をする事で、仕事とは別の環境で身体を動かして凝った身体もほぐせて一石二鳥になります。

 

運動が苦手という人は、旅行に行くのも良いでしょう。仕事環境という狭い場所から広い場所へ行ける旅行を選ぶ事で、心身共にリフレッシュを味わえますよ。

 

会社に勤めていると、休日は自宅で休むのが大事という考えがありますが、自宅で休むだけだと結局は会社と自宅の往復をしているだけの生活と変わりがないので、会社で仕事をしている時と環境を変える為にも、運動や旅行など自分に対してリフレッシュを与えてあげるのが一番必要です。

 

 

転職活動を行い、環境を変える事を視野に入れる

 

仕事をする理由を探したり、仕事の妥協点を見つけたり、疲れを癒す為にリフレッシュを図っても現状が何も変わらない場合は、思い切って転職活動を行い今の環境を変える事を視野に入れましょう。

現在の会社で、仕事を続ける理由が見つからないのであれば同じ会社で仕事を続けていても、遅かれ早かれ心身に限界が来てしまい、自分自身が壊れてしまう未来に繋がる原因になります。

転職活動をする事で、新しい職場で仕事をする目的を探して、自分の将来のスキルアップに繋げる事が出来るので結果的に見ればプラスに働きます。

仕事をする理由や目的は、十人十色であり正解が決まる事はないでしょうが、自分の仕事をする理由に嘘をつかなければ働きがいのある仕事に繋がるので、もしも理由が決まらなければ転職を繰り返して職場環境を変える事をオススメします。

下記リンク先では、転職活動に関する内容をまとめています。宜しければご覧ください。

 

関連記事

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!