転職する勇気が出ない20代のあなたに伝えたい情報5選!

転職する勇気が出ない20代のあなたに伝えたい情報5選!

新卒で就職して数年経つと、様々な理由から転職を考える事もあると思います。しかし、いざ転職活動を行う事を考えると腰が重いと考える方も少なくはなさそうです。

本当は今の会社や仕事に不満があるので、転職をして環境を変えてイチからやり直したいとは考えているけれど、なかなか一歩踏み出す事を躊躇しているしているケースもあるのかなと。

そこで、この記事では20代のあなたが転職活動を行うのに向けて、伝えたい情報5選をまとめていきます。

この記事をお読みになることで、転職活動を行う事に少しでも前向きになって頂けましたら幸いです。

 

転職する勇気が出ない20代のあなたに伝えたい情報5選!

 

 

➀転職理由がネガティブだけど大丈夫?

 

そもそもな話ですが、転職活動を行う理由のナンバー1は「人間関係」です。その他、働く環境や収入などの条件が良いところに転職したいと考える方が殆どです。

もちろん、多少の不満はどの職場でもありうる話なので、肝心なのは感じた不満を解決させるために働きかける事が大切です。その結果、自分の力ではどうすることもできず、環境を変える事で叶えたい未来があるからという理由であれば、転職理由としては真っ当なものとなります。

採用する側も、ただ嫌だから退職したと説明するだけでは納得がいかず、マイナスイメージになりますが、上記内容のように、不満を変える(解決させる)べく働きかけたというプロセスを判断して問題解決能力を図っているところがありますので、後ろ向きな理由でも大丈夫ですよ!

もし不安であれば、無料なので下記にてご案内している人材紹介会社に登録してみて、転職エージェントからアドバイスを受けるのもひとつだと思います!

 

 

②転職をするのは早い方が良いのか?

 

確かに20代前半から半ばまでの第二新卒と呼ばれる世代と、20代後半とでは20代後半のほうが若干ハードルが上がるかもしれませんが、20代後半で初めて転職活動を行った実体験からいうと、さほど気にするレベルではなかったように感じます。

ただし、これが30代になると経験や実績、リーダーシップ経験が求められることが多いので、20代の時とくらべるとハードルは高くなります。

ですから、例えばキャリアアップしていくための転職活動をするのであれば、30代前半までにキャリアを積んで転職に臨むのも良いでしょう。

しかし、何かしらの不満があって転職活動をするのであれば、早い方がいいに越したことはないです!

 

③転職する場合、同業他社や同じ職種でしかできないの?

 

確かに、ある程度経験を積むことで、同業他社への転職のほうがしやすいかもしれませんし、戦力として考えても企業受けは良いことが多いでしょう。

しかし、採用する企業側も、社会人経験は求めますが高い実績まで求めているわけではなく、未経験職種や異業種での転職を受け入れてくれるケースも多いのでご安心ください。

例えばですが、営業から人事に職種を変えて転職したケースもありますし、お金はかかりますがスクールに通ってスキルを身につけてITエンジニアになったという事例もあります。

 

 

④転職回数は何回まで大丈夫なのか?

 

飽くまでも一般的な話ですが、20代の場合ですと2回までの転職歴であればさほど問題視されません。しかし、3回目となるとかなり厳しい目で見られてしまうので、書類通過も難しくなる可能性はあります。

もちろん、回数よりも転職した理由によっては、さほど気にしないケースもありますが、転職回数は少ない方が良いに越したことはありません。

 

 

⑤転職活動するなら在職中と離職中のどちらが良い?

 

これは人によりけりですが、一般的には在職中のほうが何かと安心です。在職中の活動は結構大変ですが、仮に活動が長期化したとしても収入が途切れるリスクはありませんので安心です。

しかし、勤務している会社や職種によっては、在職中では身動きが取れないケースもあるでしょうから、その場合は在職中に情報を集めるだけ集めてから思い切って離職してから活動をした方が効率が良いかもしれません。

 

退職時の注意点

※離職した際には、条件を満たすと3か月ほど期間は空きますが、失業保険が貰えますので必ずハローワークにて申請しましょう!

※もし、パワハラなどで精神を病んでしまって働けなくなったために会社を辞めざるを得なかった場合は自己都合退職ではなく会社都合退職にして貰えて、失業保険もすぐにもらえる場合もありますので、そういう場合はハローワークの方に相談しましょう。

 

 

20代の転職体験談

 

 

ここからは、独自にアンケートを取り20代のときの転職活動を振り返ってもらいました。そして、そのときの成功した事例と失敗した事例について、生の声を下記にまとめていきます。

 

成功例

 

アンケートの結果からも、成功できた事例としては、転職に備えて事前準備がしっかりしていたからこそ、うまく内定先企業に対してアピールができていたところなのかなと思います。

また、未経験職種にも実際に転職が出来た事例もありますので、どんな方向性を目指すかにもよりますが、躊躇する必要はないということがわかりますよね。

 

20代男性

私は、DODAやリクルートエージェントを使って転職活動を成功させました。初めは、製造業の仕事をしていたのですが、事務系に職種に転職をすることができました。転職エージェントの方にも相談をしたりして転職活動をしていました。前職で働いている間に、予めパソコンスキルを身に着けていった甲斐があり、無事に事務職で内定を得ることができました。また、今回の転職で何を叶えたいのか考えて行動したことが(製造業→事務職に転身したい)功を奏したのかなと思います!

 

 

30代男性

20代での転職活動の上手くいったこととして、自分自身をよく見つめ直してなにができてなにがだめなのか。仕事の経験からなにを得たのか見つめ直した結果行きたい企業への内定をもらうことができました。それまではこれといってなにもやらなく落ちるといったことが当たり前でした。落ちてもなんで落ちたのか考えることなく次に進むことしかなかったので、沢山落ちていい経験になったと思います。自分自身と向き合うことが転職活動をより効率よく進めるための近道だと感じました。

 

 

 

失敗例

 

逆に失敗事例は、離職してから転職活動を行ったという点で、なかなか決まらず焦りを感じたことや、事前準備が足らず準備不足の為に面接でしどろもどろになってしまったという点でしょうか。

これらのポイントは、転職エージェントを活用することで、書類の添削や面接先企業とのスケジュール調整、模擬面接なども行ってくれるので事前準備を損ねる事はありません!

 

20代男性

失敗したと思ったことは、業界や職種を絞りすぎてしまったことです。また、会社を辞めてから転職活動をしてしまったこともありかなり焦ってしまいました。初めは、中々、書類選考も通らなくて苦労した時期もありました。会社に勤めて内定先が決まってから会社を辞めるべきだと考えられました。職務経歴書の書き方や自分のアピールの仕方をしっかりと考えて転職活動をしていけば良かったと思いました。事前の準備が大事だと反省しています。

 

 

 

30代男性

がむしゃらにエントリーしたことです。転職についてあまり理解を深めてなかったというのもありどこでもいいからというのもありました。一社面接したその瞬間に内定という形をもらい嬉しさに浸ってました。ですがその場で内定は何かおかしいと思い社員の声を調べてみたらブラック企業だったことが判明しました。内定は承諾しましたが直前で辞退しました。企業のことや進め方についてなにも調べないで動くといい方向へ進まないということを改めて感じさせられました。

 

 

20代女性

転職活動中は、条件が合えば複数同時期に応募していました。面接の日程をギチギチにしててしまただけでなく事前準備が十分出なかった為、面接ではしどろもどろになって撃沈してしまいました。ちゃんと準備をして挑まないといけないなと、反省し、手当たり次第応募するのはやめました。

 

 

20代の転職を成功させるポイント

 

 

新卒時に就職活動を行ったからといって、転職活動でも同じ要領で大丈夫だろうと思っていると痛い目をみます。

若いとはいえ、社会人としての一定の経験を積んでいると踏まえた上での採用となりますので、ビジネス的な観点から「自分という商品を売り込む」というスタンスで臨んでください!

ですから、以下のようなポイントを踏まえて、退職理由から志望動機に繋げて行くと良いのではないでしょうか?

  • 前職では叶える事が出来なかったことがあり(退職理由)、転職する事で出来そうな点を考える
  • 自分の経験してきたことや身に付いたスキルと、志望先企業の求める人物像を照らし合わせる
  • 退職理由から志望動機に一貫性を持たせるストーリーを組み立てる

 

また、志望動機例を下記にまとめましたので参考にしてみてください。

前職では、業界トップの位置づけをキープするために、どうしても数を追う事が必要だった為、顧客管理が煩雑になることも多く、それが災いしてクレームに繋がることもありました。

そんな折、御社のサービスは質を重視していそうなところに共感でき、私の◯◯してきたところを活かしていき、顧客満足度の高いサービス展開をしていきたいと考えて志望しました。

 

要は、新卒の時もプレゼンを求められることがあったかもしれませんが、中途採用の場合はよりビジネス的な観点から判断されるということです。

とはいえ、極端に難しいことを問われるわけではありませんので、自分が経験してきたことをわかりやすく言語化して伝えるということを意識してくださいね!

 

さいごに

 

この記事では、いざ転職を意識したものの、勇気を振り絞って一歩前進する気持ちになれない20代のあなたの背中を押すつもりで、「20代の転職活動は思ったほどハードルが高くないよ」ということをお伝えしてきました。

未経験職種を目指す場合は、上のアンケートでもあったように、目指すところに向けてスクールに通うなどの事も必要な場合もありますが、企業がわも即戦力としてバリバリやってくれ!というレベルを期待しているわけではなく、新しい職場で馴染んで欲しいという気持ちとゆくゆくは活躍していってほしいという思いで採用に臨まれています。

また、1回の就職で「これが自分にとっての天職だ!」と思える仕事と出会える可能性も決して高くはないでしょう。ですから、人生をやり直すチャンスだと思ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!