上司のなんで攻撃がウザい!対処法を実体験から解説!

上司の悪意あるパワハラとも取れる攻撃の中に、「なんで」と連発してきて問い詰めるものがあります。まるで子供が知らないことに対して「なんで?」と聞いて来るかの如く、返答に困る部下を追い詰めて行くといううっとおしい攻撃です。

私も、実体験で上司から「なんで」と責められ続けて困った経験があります。そこで、この記事では上司による「なんで」攻撃の対処法を解説していきます。

 

【実体験】上司の「なんで攻撃」にブチギレ!

 

不本意ながら東京→田舎に戻って転職したある会社にて。その会社では、毎朝出社後すぐに掃除をするというルーティンがありました。

普段はすぐに掃除に取り掛かるのですが、当時の上司はいつもまいにちオールウェイズで一方的にしゃべるし、話をスルーしていてもしつこく、聞いているだけで疲れるので、ある日の朝はちょうど上司も居なかったのでさぼりました。

ところが、バツの悪いことにその上司は非常に細かい性格をしているので、私が掃除をさぼったことがバレてしまいます・・・(もちろん掃除をさぼるのはいけませんが・・・)

すると、「なんで」「なんで」「なんで」と半日に渡り質問攻めを受ける事に・・・

事務所にいても「なんで?」。外出中に電話しても「なんで?」という状況がエンドレスで続き、さすがに私も頭にきて「このステレオタイプが!!!!!!!!!!!!!お前が毎日話長くて疲れるんだろうが!!!!!!!」と激怒したことでようやく収まりました(苦笑)

このような上司のやり方も、マイクロマネジメントのひとつなのだとは思いますが、答えに困ることを何度も聞いてこられるとホント疲れますよね。

そんな「なんで攻撃」に対する対処法を下記にて解説していきます。

 

 

上司の「なんで攻撃」の対処法はある?

 

ネットでの情報を見る限りでは、

  • 上司と良い関係を築く
  • とにかく平謝りをする

といったものが目立ちます。でも、そもそもな話ですが「なんで攻撃」をしてくる上司は悪意を持っているので、そんな奴と良い関係を築きたいなんて、たとえ上辺だけでも嫌なはず。

私の場合は朝の掃除を1日さぼったのは良くなかったかもしれませんが、毎日毎日一方的な長話を聞かされていて、しかも労働基準法を違反するほどの超過残業(月に100時間くらいはあったと思います)だったので、1日くらい多めに見ろよ!という気持ちもありました。平謝りだっていやです。

それどころか、ぶん殴ってやりたいほど頭にくる行為だったので、逆にこちらが上司を裁いてやりたいほどでした(苦笑)

結局のところ、上司に反論した事が気に入らなかったのか、会社からは報復を受けて退職勧奨を受けるというオチでしたが、あまりにも対応が酷かったので辞めて正解だったなと確信しています!

一般的には上司にキレるのはご法度とされているので、キレるのであればそれなりの覚悟が必要です。しかし、それでも上司の一方的な話だけを鵜呑みにする会社も会社だったので、そんな会社にしがみつかなくてもよかったなと今は思います。

 

そもそも、上司の「なんで攻撃」はなぜ起こる?

 

そもそもな話ですが、上司の「なんで攻撃」は、上司の性格的な問題によることが多いので、「なんで」「なんで」と問い詰められたからと言って自責の念に駆られる必要はありません。

また、こちらからすると「もういいじゃないか!」と言いたくなるほどしつこい事が多いので、悪意を持って部下を攻撃したいだけの可能性もあります。

私の場合は、上司が細かい性格でマイクロマネジメントをするタイプだったので、「なんで攻撃」はかなりしつこかったです。

細かい性格の上司については、別の記事でも取り上げていますので、宜しければご覧ください。

過干渉な上司に苦痛を感じた時に取る行動3選

 

 

上司の「なんで攻撃」にウンザリしたあなたが取るべき行動

 

私の経験上、「なんで攻撃」をしてくる上司がいるような職場はろくでもない環境だと感じます。実際、人事と上司はグルでしらし、まったくもって安全配慮の義務などありませんでした。

そのような会社にしがみついていたとしても、この先もずっと嫌な思いをするだけです。ですから、「働く環境を変える」ことを前提に、転職する事を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

その際には、あなたによって転職活動の良きパートナーになってくれる人材紹介会社をご利用されることを強くおススメします!

人材紹介会社や転職活動に関する内容を、下記リンク先にて解説していますので、宜しければご覧ください。

 

関連記事

 

転職活動に関する内容を、別の記事にて取り上げています。宜しければご覧ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!