【約ネバ2期】動画配信はNETFLIXで観れる?無料視聴する方法を解説!

「約ネバ」こと「約束のネバーランド」は、2021年12月現在では第2期までが配信中となっています。

今後アナザーストーリーなどがなければ、2期で完結したことにはなっているのが少々残念な気はするのですが・・・

この記事では、アニメ「約束のネバーランド」第2期の動画を無料視聴する方法を解説していきます!

 

約束のネバーランド第2期の動画配信状況まとめ!

 

アニメ「約束のネバーランド」第2期の動画配信サービスでの配信状況を、表にしてまとめました。詳細は、以下となります。

※こちらの情報は、2021年12月21日時点のものです。最新の情報は、現在と異なる可能性がありますので、各サービスの公式ウェブサイトにてご確認をお願いいたします。

サービス名 配信状況 無料期間と
料金(税込)
U-NEXT
  • 第1期
  • 第2期
  • ※実写映画版(有料作品)

※550円

31日間無料
月額2,189円
hulu
  • 第1期
  • 第2期
2週間無料
月額1,026円
FOD PREMIUM
  • 第1期
  • 第2期
  • ※実写映画版(有料作品)

※500コイン

2週間無料
月額976円
Amazonプライムビデオ
  • 第1期
  • 第2期
  • ※実写映画版(有料作品)

※400円

30日間無料
月額500円
dアニメストア
  • 第1期
  • 第2期
31日間無料
月額440円
NETFLIX
  • 第1期
  • 第2期
トライアルなし
月額990円~

 

アニメ約束のネバーランド第2期は、原作のどこまで?

 

「約束のネバーランド」第1期では原作の5巻第37話までの、グレイス=フィールドハウス脱獄編が描かれました。

里親に出された兄弟姉妹たちが鬼の食料として出荷されていたという衝撃の事実を知ったエマたちは、‘‘ママ‘‘として慕っていたイザベラが管理するグレイス=フィールドハウスから脱獄することを決意する。

ハウス内でも高い成績を収めるエマ、ノーマン、レイだったが、それを上回るイザベラの策略にエマたちは苦戦を強いられる。さらに新たな監視役としてシスター・クローネが派遣されたことで状況はますます苦しくなる。

そんな中でもエマたちは必死に知恵を絞り、イザベラに計画を悟られないよう平静を装いながら順調に脱獄の準備を進めていく。
そうして様々な思惑が交差しながらも無事にグレイス=フィールドハウスを脱獄することに成功したところで第1期が終了しました。

第1期では、イザベラの目を欺いて脱獄の準備をする緊張感や、イザベラやシスター・クローネだけでなく、ノーマンやレイの駆け引きも緊迫感があって、見ていてとても続きが気になる作品です。

そしてまた新たに放送される第2期では、原作の5巻第38話以降の脱獄後のお話が描かれますが、第1期と比べて大きく状況が変わるため、第1期よりもかなり進むことが予想されます。

が、アニメの展開を観ていると、重要なストーリーが削られている印象を受ける為、一気にラストまで進んでいくのではないかと予想されます・・・

 

 

アニメ約束のネバーランド第2期あらすじ

 

グレイト=フィールドハウスを無事脱出したエマたちだったが、農園の外は今まで以上に危険な場所だった。

それでもエマたちは人間が暮らせる楽園を目指して、謎の支援者W・ミネルヴァの残したペンに従い、「B06₋32」地点を目指す。

しかしその途中で人食い木の誘い穴に落ちてしまい、何とかミネルヴァの本の内容をヒントに危機を回避したのもつかの間、今度は鬼の下等種が襲い掛かってくる。

レイはそんな下等種を追い払うため、エマのもとをいったん離脱するが、エマたちのもとに今度は農園の追手が迫ってきていた。

絶望的な状況で、もう絶体絶命だと思ったその時、エマたちは謎の少女・ムジカと謎の男・ソンジュに助けられる。彼女たちは、宗教上の理由で人間を食べないという変わった鬼だった。

エマたちは彼女らから鬼と人の間にある‘‘約束‘‘や、鬼についての情報を得る。
その後ムジカとソンジュの助けを借りて、ようやく「B06₋32」地点にたどり着くが、そこにはW・ミネルヴァの姿はなかった。

しかし、W・ミネルヴァが人間たちのために用意していたシェルターに足を踏み入れると、そこには一人の男の姿があり、彼もまた、W・ミネルヴァの導きによりシェルターにたどり着いた人間だった。

オジサンとだけ名乗ったその男は、13年目にエマたちと同様にグローリー・ベルを脱獄し、一人だけ生き残ったのだと話す。

そしてオジサンはエマたちにピストルを突き付けてシェルターから追い出そうとするが、オジサンに取引を持ち掛け、何とかシェルターを使わせてもらうことになる。

そうして次にエマたちは、情報を掴むために「ゴールディ・ボンド」と呼ばれる鬼の密猟場へと向かおうとするが…。

 

 

アニメ約束のネバーランド第2期は原作コミックのどこまでなのかを予想

 

「約束のネバーランド」第1期では原作の5巻第37話までの、グレイス=フィールドハウス脱獄編が描かれました。

里親に出された兄弟姉妹たちが鬼の食料として出荷されていたという衝撃の事実を知ったエマたちは、‘‘ママ‘‘として慕っていたイザベラが管理するグレイス=フィールドハウスから脱獄することを決意する。

ハウス内でも高い成績を収めるエマ、ノーマン、レイだったが、それを上回るイザベラの策略にエマたちは苦戦を強いられる。

さらに新たな監視役としてシスター・クローネが派遣されたことで状況はますます苦しくなる。

そんな中でもエマたちは必死に知恵を絞り、イザベラに計画を悟られないよう平静を装いながら順調に脱獄の準備を進めていく。

そうして様々な思惑が交差しながらも無事にグレイス=フィールドハウスを脱獄することに成功したところで第1期が終了しました。

第1期では、イザベラの目を欺いて脱獄の準備をする緊張感や、イザベラやシスター・クローネだけでなく、ノーマンやレイの駆け引きも緊迫感があって、見ていてとても続きが気になる作品です。

そしてまた新たに放送される第2期では、原作の5巻第38話以降の脱獄後のお話が描かれますが、第1期と比べて大きく状況が変わるため、第1期よりもかなり進むことが予想されます。

具体的には、11巻第96話あたりまで放送されるのではないかと思います。

だいぶ進みますが、5巻第38話から8巻第64話までの‘‘ミネルヴァ探索編‘‘までだと、新しく登場する重要なキャラクターであるオジサンとの関係が中途半端のままになってしまうので、第2期は5巻第38話から11巻第96話あたりまで放送されると予想します。

ジャンプに第2期のDVDリリースに関する情報が記載されていましたが、3巻までリリース予定とのことなので、ストーリーの長さ的にも裏付けとなるんじゃないかと考えられます!

 

約束のネバーランド第2期感想

 

※感想は、第2話終了時点のものです。

 

20代女性

オープニングから鳥肌が立ちました。農園を抜け出してきた主人公エマたちと人を食べる鬼が敵対している様子や、鬼に食べられてしまった亡くなった兄弟たちがぎゅっと詰まった疾走感と切なさ、未来への希望を感じるオープニングでした。

本編は安定のクオリティーの高さで原作ファンも満足度が高いです。メインのエマやレイはもちろんですが、一緒に逃げ出してきた小さな子供たちの成長が著しく、気になるキャラクターがどんどん増えてきます。

鬼であるのに人を食べないソンジュやムジカの登場で波乱の展開が待ち受けていそうです。まだ二話ですがいつも良い所で終わるので次の話が早く見たいです。

 

 

 

第2期は無事にママ達の追跡を避けグレイスフィールドから脱走できたところから始まります。エマ、レイ達はノーマンが残したペンの持ち主ミネルヴァさんを探すためにモールス信号の暗号を解きながら森の中を進んでいきます。

森の中には実際にグレイスフィールド内にあった本で登場する生き物などや知恵がそのまま通りに起こっています。

途中に低級階級の鬼達に出くわし危機一髪のところを助けてもらいます。その助けてもらった方がなんと鬼だったのです。鬼なのになぜ人間を食べずに助けたのかこれからの展開がさらに気になるところです。

20代女性

 

 

 

20代男性

第2期については、まだ2話までしか放送されていません。農園をでた子供達が僅かな情報をもとに鬼に追われながらも進んでいくところです。

鬼であるが人を食べないソンジュとムジカに助けられ、徐々に外の世界の生活に慣れていく中で、人間の世界がある事を知ったエマ達がこれからどの様な成長をしていくのかが楽しみです。

また安全が保障されていない状況で、どんな展開になるのかハラハラドキドキです。1期で別れたノーマンは生きているのか?イザベラはどうなったのかも気になります。

 

 

いきなり巨大な鬼?怪物から追いかけられているシーンから始まる出オチです。ようやくハウスから脱走して外の世界にやってきて話が進みそうな感じですね。

後半は本当の鬼ごっこが始まり、1期ではほとんど登場しなかった鬼がしっかりと描かれます。

そして、敵だと思っていた鬼に助けられたところで第一話は終わりますので、続きが気になってしょうがないです。最初の入りとしてはよかったと思います。作画も比較的安定していて、OP/ED共によかったです。

20代男性

 

 

50代女性

ある意味、守られた世界の中だけで生きて来た子供たちだったので、疑うことを知らないその純粋さが、どう影響するのかと考えていました。

外の世界で初めて出会ったムジカとソンジュのことも、迷うことなく信用していて、2人は優しく見送ってくれたとホッとしていましたが、

ソンジュの方は、天然ものの人間の脳みそを、たらふく食べたい未来の為に見逃していただけで、無事シェルターに辿り着いたと喜んでいたけれど、プラントがシェルターに変わっただけに思えてしまって、

壁に書かれたHELPの文字と、ドアを開けると鳴った電話の先のウィリアムが、どんなメッセージを伝えようとしているのかと、さらにドキドキが収まりませんでした。

 

 

楽園から脱走に成功して、これからエマたちが協力し合って自由に人生を謳歌する展開になると思っていたので、トラブルの連続のストーリーにとてもガッカリしました。脱走に成功した大先輩の暮らしぶりを目の当たりにして、とてもショックでした。

鬼の恐怖がどんどん増していき、楽園の方が良かったのではないかと思いました。楽園編とは全く様変わりしていて、同じアニメ作品なのかと疑うほどでした。謎がどんどん解けだして真実に近づくのは興味深かったです。

50代男性

 

 

30代女性

施設から逃げ出した子ども達、初めての塀の外で知らないことばかりだが本などで知識がある子ども達が多く周りの植物を取って水をのんだりと知能が高いです。

追ってくる鬼たちから逃げまわる中でエマやレイ達を助けてくれた謎の鬼と出会います。その優しい鬼との出会いで、外の世界で生き抜く方法や狩りの仕方、食べれるものなどを学び子どもたちの中で吸収していきます。

エマが初めて獲物を狩る時は苦しみながらも生き抜く為には自分で生き物からいのちを頂かなくてはならないんだと自身を奮わせている姿が印象的でした。エマとレイたちは全員を無事に助けて人間の住む世界へ行けるのか、これからが楽しみです。

 

 

 

序盤は第1期のおさらいから始まり、今までの流れを再確認できて良かった。第1期では、エマ、レイ、ノーマンの3人がメインで話が進み、またこの3人が主にみんなを引っ張っていくという構成だった。

しかし第2期となり、壁の外の世界ではエマとレイ以外のみんなの活躍が見られる。今までエマとレイに頼ってきた年少組が協力して二人をサポートしていく様は見ていて勇気が出る。人を食べない鬼が出てきたりと先が全く読めなくて今後も楽しみ。

20代男性

 

 

 

30代女性

2期はグレイスフィールドから脱出を成功したエマたちが、鬼から逃げながらミネルヴァさんからの暗号を解いて彼のいるところまでたどり着こうという話がメインに書かれています。

外の世界なので追いかけてくる鬼たちのスピードも早くて怖くてでも壮大な映画を見ているような気持ちになります。ムジカとソンジュという、何故か鬼なのに人間を食べず、エマたちを助けてくれるキャラが出てくるのですが、この2人はこれからも大切なキャラなので記憶に留めておい欲しいです

 

 

待望の第二期で、原作廚であったり、イベントなどにも行って毎回この部分が違うなーと一期の頃からチェックしていたのですが、

現時点では第2話まで鑑賞させて頂いたのですが、さすがGFの子供達というか一瞬でモールス信号と判断したり、残念ながら一気に追っての鬼のところ、そしてソンジュとムジカとの登場に驚きました。

ある意味今後重要となってくるキャラクターなので2話だけの登場はもったいないと思いました。もっとムジカとエマとの会話等も見てみたかったです。

そして遂にシェルターに到着したのですが、まさかのオジサン不在に驚きました。隠れているのかそれともと次回への引っ張りがうまい描き方だと思いました。

30代女性

 

 

さいごに

 

 

第2期では、第2期も12話(3か月)くらいで終わるんじゃないかと予想しています・・・ストーリーも原作とは違う展開になって炎上気味になっていますが・・・

1年くらいのスパンで放送しちゃってもいいんじゃないかとは思うものの、色々と大人の事情というものもあるんでしょうかね??

近年はアニメのクオリティも高くなっていますし、某作品のような作画崩壊といったこともなさそうなので、完結まで続いて欲しいなと願うばかりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です