在職中の転職活動は違法?バレるリスクもある?

転職活動を行う場合、よく「在職中に行うと良い」と耳にすることもあると思います。しかし、実際のところ日々の業務と転職活動を同時に行うのは大変で疲れるし、会社にバレるリスクや、実は違法なのではないかと不安になることもあるのではないでしょうか?

この記事では、在職中の転職活動について、下記内容をまとめていきます。

  • 違法なのかどうか
  • 会社にバレるリスクについて

この記事をお読み頂くことで、在職中の転職活動に関する不安を解消できるようになります!

 

在職中の転職活動は違法なのか?

 

結論からいうと、全く違法ではありません!(日本では職業選択の自由が法律で認められています)

在職中に転職活動をすることに関して負い目を感じる方も少なくはないかもしれませんが、収入面や精神面など生活の安定を図りたいのであれば、在職中に転職活動を行うことのほうがメリットが高いです!

 

 

転職活動について、在職中と離職中に行う場合のメリットデメリットをそれぞれ解説!

 

在職中の転職活動のメリット

 

転職活動中には、生活費以外にも意外と経費がかかるものです。そして、すぐに転職先が決まれば安心ですが、長期化するリスクだって考えられます。

離職中に転職活動が長期化してしまうと、生活費をどんどん削って行ってしまうわけなので、その焦りから妥協してしまって望まない転職先に転職→結局また転職活動を再開というリスクだって考えられます。

その点、在職中に転職活動を行う場合は、生活費の心配もないのが大きなメリットです!

 

在職中の転職活動のデメリット

 

日々の業務をこなしながら転職活動を行う事は、精神的にも肉体的にもエネルギーを消費することなので、負担が大きいところです。

中途採用を行っている会社は、基本平日の営業時間に行うので、在職中の方だとスケジュール調整が難しいところが難点です。

加えて、突発的な会議や顧客からの呼び出しなど、面接を入れた日に限って急な仕事が入ることも考えられます。そういった場合はスケジュールの再調整が必要になってきますし、最悪の場合は応募を諦めざるを得ないケースも考えられます。

そういった場合は、人材紹介会社を通じて応募することで、個人で応募するよりも調整しやすいことが多いのでおススメです!

 

離職中の転職活動のメリット

 

スケジュールに融通が利くところですね!在職中の活動と違って時間に融通が利くので、離職中の活動と違って複数の会社にも応募ができるため、早い段階で転職先企業を見つける事が出来る可能性があります!

 

離職中の転職活動のデメリット

 

生活費やその他転職にかかる経費をすべて自分で用意しなければなりません。会社都合での退職であれば、すぐに失業保険が貰えますが自己都合退職であれば、失業保険が支給されるまで3か月以上かかります。

加えて、転職活動が長期化しないとも限らないので、少なくとも3か月以上は無職でも生活できるほどの蓄えがないと転職活動どころではなくなります・・・

 

 

在職中の転職活動がバレるケース

 

ここでは、在職中の転職活動が会社にバレるケースをまとめていきます。

 

服装がいつもと違う場合

 

例えば普段スーツを着用しないような職場で、スーツを着用しているととても目立ちます。周りからすると「なんであいつはスーツを着ているんだ?もしかして転職活動でもしてるのかな?」と不審に思い勘ぐられます。

 

周りとの関わり方が変わる

 

転職活動する前までは、同僚や上司とそれなりにコミュニケーションを取っていたのに、転職活動を始めたからと言って(そんなつもりじゃなかったとしても)急に素っ気ない態度になってしまうと怪しまれます。

 

勤務先のパソコンやスマホを使って転職活動をしている

これは完全にアウトじゃないでしょうか?勤務先のパソコンやスマホを使うと、当然ながら閲覧履歴などをチェックされる可能性があります。最悪の場合は就業規則違反に抵触する恐れもあり、懲戒処分の対象になる可能性もありますので絶対にやめましょう!

 

面接の為に有休取得や早退する時に注意

 

中途採用の面接は、平日の昼間に行われる事が多いです。その為、面接のたびに早退や有休を取得する場合は増えると思います。しかし、あまりに頻度が多い場合は不審がられる事もあるので、適切な理由を複数用意しておくことや、日々の業務に支障のないように気を付けて行きましょう!

 

(社員寮や社宅に住んでいる場合)郵便物でバレる場合

 

社員寮が例えば借り上げのマンションやアパートであれば問題ないかと思いますが、例えば社員寮や社宅のポストの場合は配達物が丸見えの場合もありますので、例えば配達物は可能な限り郵便局留めにするなどして対処しましょう。

 

 

最悪、転職活動がバレた場合

 

もし、上司や同僚にあなたが転職活動をしていることがバレてしまい、転職活動の理由を聞かれた場合は下手にごまかしたとしても怪しまれたり嫌がらせが加速することも考えられるので、正直に話すほうが無難かなと思います。

そもそも、このブログを読んでいるあなたは、少なからず会社や人間関係に不満があるはずなので、正直に話をした結果退職を促されるかもしれません。

難しいところではありますが、自分を苦しめるような会社に居続ける意味はないと思うので、見切りをつけるのもひとつです!

 

転職活動は人材紹介会社の転職エージェントと共に進めるのがおススメ!

 

別の記事では、あなたの転職をサポートしてくれる人材紹介会社(転職エージェント)について解説しています。転職エージェントはあなたの転職活動をサポートしてくれるビジネスパートナーでもあり、求人サイトには掲載されていないレアな非公開求人を取り扱ったりしているのでおススメです!

在職中であれば、面接日時の設定も転職エージェントが代行してくれるので、手間のかかるやりとりを減らす事ができますし、離職中の場合でも応募できる案件に応募していくことで、内定までのスケジュールを淡色出来る可能性もありあります!

詳しくは、下記リンク先にて解説していますのでよろしければ!

20代のあなたにおススメしたい人材紹介会社10選

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!